ヤマハは、2022年11月8日から13日にかけてイタリア・ミラノで開催されているバイクの見本市「EICMA(エイクマ)」で新型モデル「TRACER9 GT+」を公開しました。

最新技術の搭載でライダーをサポート

 ヤマハは、2022年11月8日から13日にかけてイタリア・ミラノで開催されているバイクの見本市「EICMA(エイクマ)」で新型モデル「TRACER9 GT+(トレーサー9・ジーティー・プラス)」を公開しました。

ヤマハ「TRACER9 GT+」
ヤマハ「TRACER9 GT+」

 排ガス規制EURO5適合した排気量890ccのエンジンを搭載するTRACER9 GT+は、“The Multirole fighter of the motorcycle with advanced technologies”をコンセプトに開発されたヤマハのツーリングカテゴリーのフラッグシップモデルです。

 最新モデルではスポーツ性と実用機能を備えた「TRACER9 GT」をベースに、“ミリ波レーダー”を搭載することで、先行する車両から安全な距離を維持し速度を保つ“アダプティブクルーズコントロール”などの新機能を追加。

 ミリ波レーダーとIMU(慣性計測装置)が感知した情報をもとに、前走車との車間に対し、ライダーのブレーキ入力が不足している場合、前後配分を調整しながら自動でブレーキ力をアシストする新型ユニファイドブレーキシステム、加速時、減速時に関わらずシフトアップ&ダウンに対応する新型クイックシフター、イルミネーションライト装備の新ハンドルスイッチなど様々な機能が追加されています。

 そのほか、スマートフォンとの接続によりナビゲーション機能も使用可能な7インチ高輝度TFTメーターも採用されたTRACER9 GT+は、2023年夏以降に日本で発売予定です。