スズキ株式会社は、1981年から2000年まで製造していた大型二輪車「GSX1100S KATANA」と1982年に国内で発売した「GSX750S」が、特定非営利活動法人日本自動車殿堂の「歴史遺産車」に選定されたことを発表しました。

スズキとして3回目の歴史遺産車への選定

 スズキ株式会社は、1981年から2000年まで製造していた大型二輪車「GSX1100S KATANA」と1982年に国内で発売した「GSX750S」が、特定非営利活動法人日本自動車殿堂の「歴史遺産車」に選定されたことを発表しました。

スズキ「GSX1100S KATANA」
スズキ「GSX1100S KATANA」

 日本自動車殿堂の歴史遺産車は、日本の自動車の歴史に優れた足跡を残した名車を選定し、日本自動車殿堂に登録して永く伝承するための取り組みです。

 スズキの製品としては2008年の「スズライト」、2020年の初代「ジムニー」に続くモデルとして選出されたGSX1100S KATANAは、1980年のドイツで開催されたケルンショーに出品し、翌年にほぼそのままのスタイルで輸出モデルとして発売された一台で、高性能なエンジンと日本刀をモチーフとした斬新な外装デザインで注目を集めました。

スズキ「GSX750S」
スズキ「GSX750S」

 また、GSX1100S KATANAのデザインを踏襲したGSX750Sは、1982年に国内で発売し、高出力・低燃費のエンジンに前後輪ディスクブレーキ、減衰力アジャスタブル方式のリヤサスペンションなどを採用したモデルで、本格的なロードスポーツモデルとして多くのライダーから支持されています。

 なお、「KATANA」シリーズはその後も650cc、400cc、250ccと幅広い排気量で展開されましたが、現在はその遺伝子を引き継ぐ新生「KATANA」が現行モデルとしてラインナップされています。

スズキ「KATANA」
スズキ「KATANA」

 今回の発表に際し、ズキ株式会社 代表取締役 社長 鈴木俊宏氏は次のようにコメントしています。

「世界中の「KATANA」ファンのおかげで、スズキの二輪車として初めて「GSX1100S KATANA」、「GSX750S」が「歴史遺産車」に選ばれたこと、大変嬉しく思います。

 2019年に新世代へと進化した「KATANA」の開発コンセプトは「Forging a New Street Legend(新たなるストリートバイクの伝説を鍛造する)」ですが、これは「GSX1100S KATANA」、「GSX750S」を原点とし、刀鍛冶が鋼を叩いて鍛え上げ、丹念に強靭な刀を作り上げるように「KATANA」を鍛錬して作り上げたことを表現しています。

 原点から脈々と受け継がれるその思いと共に、これからも「KATANA」を応援していただければ幸いです」。