昨今のバイク人気の高まりに伴い、これからバイク免許の取得を検討している人も多いかもしれません。取得するにあたって、原付バイクと普通二輪の違いを十分に理解しておきたいものですが、どういった点が異なるのでしょうか。

原付バイクと普通二輪、どういった点が異なるのか?

 ここ数年間の世情なども関係し、バイクはさらなる注目を浴びました。中には、これからバイク免許の取得を検討している人や、この間取得したばかりという人もいるかもしれません。免許の取得や実際の走行にあたって、原付バイクと普通二輪の違いを十分に理解しておけばより安心できそうですが、実際、これらはどういった点が異なるのでしょうか。

普通二輪の正式名称は「普通自動二輪」
普通二輪の正式名称は「普通自動二輪」

 そもそも原付一種とは排気量50cc以下のバイクをさします。比較的軽量なモデルが多いことから小回りも良く、取り回しやすい傾向にあるモデルが多いといいます。ちなみに、排気量が50cc超、125cc以下のバイクは原付二種と区分されます。

 そして普通二輪は、正式名称を「普通自動二輪」といい、バイクの総排気量が50cc超、400cc以下のバイクをさします。つまり厳密には、前述の原付二種も、普通二輪に含まれるというわけです。

 ただし、排気量400cc以下のバイクも含まれるため、原付バイクよりも大型かつパワフルな走りを楽しめるモデルが多くラインナップされているのも、特徴といえるます。

原付一種は、法定速度は30km/h、二段階右折義務という独自の交通ルールが定められている
原付一種は、法定速度は30km/h、二段階右折義務という独自の交通ルールが定められている

 原付バイクと普通二輪の違いとして真っ先に挙げられるのが、交通ルールです。普通二輪の場合は、法定速度は60km/hと規定されています。また、総排気量125cc超のバイクに限定されるものの、高速道路の走行も可能です。

 しかし原付一種は、法定速度は30km/h、「二段階右折義務」という独自の交通ルールが定められています。これは、交差点などの多車線道路で、法定速度が遅い原付一種と他の車両との速度差による事故を防止するための措置と言われています。もしも交差点で二段階右折をおこなわなかった場合は、道路交通法第34条第5項の「交差点右左折方法違反」に該当し、違反点数1点と3000円の反則金が科せられるというわけです。

 なお、二段階右折義務があるのは原付一種のみであり、原付二種は二段階右折をする必要がありません。加えて、法定速度も60km/hと、普通二輪と同じです。原付一種と同様に高速道路は走行できないものの、使い勝手が良い点が多いことから、街中を走行する分には十分と、昨今特に注目を集めているといいます。

 中でも原付免許は、数ある運転免許の中でも取得しやすいと言われており、顔写真付きの本人確認書類として活用するために取得する人もいるほどです。

 ふたつ目の違いは、車検の有無です。クルマと同様に、バイクにも車検がありますが、すべての排気量のモデルに規定されているわけではありません。

原付一種・二種、排気量125cc超〜250cc以下のバイクは、「検査対象外軽自動車」に区分されており、車検の対象外
原付一種・二種、排気量125cc超〜250cc以下のバイクは、「検査対象外軽自動車」に区分されており、車検の対象外

 例えば原付一種・二種は、道路運送車両法の「自動車」に該当しないため、車検を受ける必要がないというわけです。ちなみに、排気量125cc超〜250cc以下のバイクにあたる軽二輪は「検査対象外軽自動車」に区分されており、こちらも車検の対象外となっています。

 しかし、排気量250cc超のバイクは車検対象となっていることから、定期的に検査する必要があります。ただ、原付に車検が必要ないからといって、メンテナンスを怠っていい理由にはなりません。安全に運転するためにも、

 そして3つ目の違いとして、ナンバープレートの色が挙げられます。

排気量90cc超125cc以下のバイクはピンク色のナンバープレート
排気量90cc超125cc以下のバイクはピンク色のナンバープレート

 一般的に普通二輪のナンバープレートは、白地がベースのデザインになっています。しかし原付バイクの中には、白以外にもピンクや黄色といったカラフルなナンバープレートを装着しているモデルを見かけることもしばしば。

 これは、バイクのナンバープレートが排気量別に色で区分されていることが理由といえるでしょう。例えば、排気量50cc以下のバイクは白、排気量51cc〜90ccのバイクは黄色のナンバープレートを装着しています。そして排気量90cc超、125cc以下のバイクはピンク色、排気量126cc〜250ccのバイクは白、排気量251cc以上のバイクの場合は、白に緑枠が付いたデザインのナンバープレートを装着していることが一般的です。

 ナンバープレートの色が異なることにより、個々の車両の排気量をひと目で識別することができるので、警察が事故や犯罪時に対応するときに役立っているともいわれています。

 このように、一口に「バイク」といっても、原付バイクと普通二輪には大きな違いがあります。排気量や乗り心地といった面だけでなく、法律面でも明確に区別されているので、今後バイクを購入したり免許を取得したりする際は、これらの知識が活かされるでしょう。

※ ※ ※

 原付バイクと普通二輪の選ぶ際の違いとしては、排気量の大きさに真っ先に目が行きがちですが、車検の有無やナンバープレートの色、独自の交通ルールの有無など、多くの点が異なります。

 バイク免許の取得や購入前には、自身がどのようなバイクに乗りたいのか・どういった用途で乗るのかを明確に決めておくと良いかもしれません。