スズキは、2022年11月8日から13日にかけてイタリア・ミラノで開催されているバイクの見本市「EICMA(エイクマ)」でスポーツアドベンチャーツアラーの新型「V-STROM(ブイストローム)800DE」およびストリートバイクの新型「GSX-8S」を海外向けに発表しました。

2機種の新型をEICMAで発表

 スズキは、2022年11月8日から13日にかけてイタリア・ミラノで開催されているバイクの見本市「EICMA(エイクマ)」でスポーツアドベンチャーツアラーの新型「V-STROM(ブイストローム)800DE」およびストリートバイクの新型「GSX-8S」を海外向けに発表しました。

左からスズキ「V-STROM 800DE」、「GSX-8S」
左からスズキ「V-STROM 800DE」、「GSX-8S」

 2023年3月より欧州・北米を中心に全世界で順次販売予定のV-STROM 800DEは、V-STROMシリーズ共通のイメージを維持しながらも、シャープなスタイリングとし、タンクの下まわりやフロントカウルの先端部分にアクセントカラーを採用したスズキ最新のスポーツアドベンチャーツアラーモデルです。

ツーリングから日常の通勤通学まで全てにおいてベストパフォーマンスなアドベンチャーバイクを目指して開発されたV-STROM 800DEでは、排気量776ccの並列2気筒エンジンを搭載。

 様々な走行シーンに対応する電子制御システム S.I.R.S(スズキインテリジェントライドシステム)、専用の G モードを設定したトラクションコントロールシステムのほか、リヤブレーキの ABS 解除モードを備えることで、未舗装路でライダーの好みに応じたコントロールができるように設定されています。

 そのほか、V-STROM 800DEには調整式の前後サスペンションと、フロントには大径の 21インチホイール、前後タイヤにセミブロックパターンのタイヤが装備されています。

幅広い層をターゲットにした最新ストリートバイク

スズキ「GSX-8S」
スズキ「GSX-8S」

 V-STROM 800DEと同時に発表されたGSX-8Sは、ライダーの年齢やスキルを問わず、多様なライディングを楽しめるよう、無限の可能性を提供できるバイクを目指して開発された最新のストリートバイクです。

 排気量776ccの並列2気筒エンジンを搭載するGSX-8Sでは、出力特性を 3 つの中から選択可能なSDMS(スズキドライブモードセレクター)や 3 段階から選択可能なトラクションコントロール、クラッチやスロットルを操作せずにシフトアップ/ダウンが可能な双方向クイックシフトシステム等を採用したS.I.R.S(スズキインテリジェントライドシステム)を搭載。様々な走行シーンやスキルに対応しています。

 また、シャシーにおいては軽量アルミ製スイングアームを採用することで、操縦性を向上。特徴的なショートマフラーに加え、エンジンやシートレールを露出させることで機能部品
を美しく見せ、時代を先取りした斬新な独自性のあるスタイリングとされています。

 なお、GSX-8SはV-STROM 800DE と同じく2023年3月より欧州・北米を中心に全世界で順次販売予定です。