自転車もクルマやバイク同様「道路標識・標示」に従う義務があることは、意外と知られていないかもしれません。自転車にもかかわりの深い、知っておきたい重要な標識をいくつか紹介します。

そこに設置された標識には、意味がある

 道路を利用する際は交通信号を守らなければいけないことは誰もが知るところですが、自転車が「道路標識・標示」に従う義務があることは、意外と知られていないかもしれません。

日常生活の中で、自転車にもかかわりの深い道路標識はたくさんある
日常生活の中で、自転車にもかかわりの深い道路標識はたくさんある

 道路交通法で、自転車は「軽車両」の扱いです。クルマやバイクと同様に標識を守らなければいけません。とはいえ、自動車運転免許を所持していない人にとって、普段の生活で標識を意識することは少ないでしょう。

 そこで、日常の中で頻繁に登場し、自転車にもかかわりの深い標識をいくつか紹介します。

 まずは「一時停止」です。赤い逆三角形に白い文字で「止まれ」と書かれている通り、この標識がある場所では地面に引かれた白い停止線のところで必ず一度止まらなければいけません。

「一時停止」の多くは見通しの悪い交差点や、狭い交差点などに設置されています。気付かずにスピードが出た状態で進入すると出会いがしらの衝突事故に発展する可能性があります。必ず停止して左右の安全を確認しましょう。

 続いては赤い丸に白い横棒が引かれた「車両進入禁止」、そして赤い丸の上の白丸に赤い斜め線が引かれた「車両通行止め」の標識がある道路には、クルマやバイクだけでなく、自転車も進入してはいけません。

 なお、このような標識には下に「自転車を除く」という看板が設置されていることが多く、その場合は標識に従わなくても問題ありません。ただ、こういった標識が設置されている道路は幅が狭かったり障害物があるなど、いずれにしても注意が必要な場所です。歩行者や対向車などには十分に気を付けましょう。

 そして意外と気付きにくいのが、少し小さめの青い長方形に横向きの白い矢印が描かれた「一方通行」です。この標識については、基本的には前述の「進入禁止」とセットになっていて、一定区間の道路の片方の端に「進入禁止」が設置されていると、その反対の端に「一方通行」の標識が設置されています。矢印の方向に進めば問題ありません。

 ただ、気をつけたいのは反対の「進入禁止」が「自転車を除く」とセットだった場合、クルマやバイクが来なくても自転車が向かってくることがあります。お互いが左側通行を守っていれば問題ありませんが、油断しないようにしましょう。

「自転車を除く」があることで安心して「進入禁止」側から進んだ時の交差点も要注意です。クルマやバイクは「ここは一方通行だから車両が出てこない」と考えている可能性があり、お互い油断した状態で、横からノーブレーキで衝突される恐れがあります。どのような交差点であっても、十分に安全を確認しましょう。

道路標識の意味を知ることで、歩行者であっても事故の可能性があることに気付くことができる
道路標識の意味を知ることで、歩行者であっても事故の可能性があることに気付くことができる

 道路標識には様々なものがありますが、もうひとつ覚えておきたいのが、逆三角形で赤い枠に囲まれた「徐行」です。

 運転免許所持者であれば当然知っている単語かもしれませんが、道路交通法第二条では「車両等が直ちに停止することができるような速度」と定義されており、自転車の場合は大人が歩く速度と同程度の時速4kmほどとされています。

 乱暴な言い方かもしれませんが、「万が一相手と接触、衝突しても怪我をさせない速度」で進むことです。

「徐行」の標識は住宅街に設置されていることが多く、いつどこから人が飛び出してきてもおかしくない場所に設置されています。

 その他にも、読んで字のごとくの「歩行者専用」や「自転車及び歩行者専用」、「自転車横断帯」、「自転車通行止め」、「軽車両通行止め」など、自転車にかかわりの深い道路標識は多数存在します。

 そして、例え自転車を含む一切の車両に乗らず、常に歩行者として過ごすとしても、道路標識の意味を知ることで「この場所ではこんな事故の可能性がある」と認識するきっかけにもなります。

 クイズ形式で学べるサイトなども多数存在するので、一度、道路標識を学んでみることをオススメします。