ビモータは、2022年11月8日から13日にかけてイタリア・ミラノで開催されているバイクの見本市「EICMA(エイクマ)」で新型モデル「BX450」を公開しました。

 ビモータは、2022年11月8日から13日にかけてイタリア・ミラノで開催されているバイクの見本市「EICMA(エイクマ)」で新型モデル「BX450」を公開しました。

ビモータ「BX450」
ビモータ「BX450」

 TESI H2、KB4に続く新生ビモータ最新のモデルとなるBX450は、カワサキ製の「KX450X」をベースにしたエンデューロモデルです。

 排気量449ccの単気筒エンジンやチューブラー式セミダブルクレードルフレーム、電子部品など多くの箇所をKX450Xでは、ビモータらしいテイストを盛り込んだデザインを採用。

 KX450Xをベースにしつつビモータならではの世界観が落とし込まれています。

ビモータ「BX450」のベースとなったカワサキ「KX450X」
ビモータ「BX450」のベースとなったカワサキ「KX450X」

 なお、BX450はKX450Xと異なりヘッドライトが備えられており、欧州においては公道走行可能モデルとして販売予定です。