カワサキは、2022年11月8日から13日にかけてイタリア・ミラノで開催されているバイクの見本市「EICMA(エイクマ)」で「Ninja H2 SX」の新型モデルを公開しました。

最新テクノロジーを搭載したスポーツツアラー

 カワサキは、2022年11月8日から13日にかけてイタリア・ミラノで開催されているバイクの見本市「EICMA(エイクマ)」で「Ninja H2 SX」の新型モデルを公開しました。

カワサキ「Ninja H2 SX」2023年モデル
カワサキ「Ninja H2 SX」2023年モデル

 カワサキ独自の排気量998ccバランスドスーパーチャージドエンジンを搭載するNinja H2 SXは、Ninjaシリーズならではのシャープでアグレッシブな外観と、長距離ツーリングにも最適な利便性、操作性を併せ持つ大型スポーツツアラーです。

 2022年のモデルチェンジ時にはカワサキのテクニカルパートナーであるボッシュが開発した革新的なARAS(先進運転支援システム)技術を作動するため前後にレーダーセンサーを搭載したNinja H2 SXは、安全支援面以外にもコーナリングマネージメント機能、マルチレベル・トラクションコントロール、ローンチコントロール、エンジンブレーキコントロール、ライディングモード、アップ/ダウン双方向クイックシフターを標準装備することで、スポーツバイクとしての完成度を向上。

カワサキ「Ninja H2 SX」2023年モデル。ハイビームとロービームを自動で切り替えるオートハイビーム機能が搭載されています
カワサキ「Ninja H2 SX」2023年モデル。ハイビームとロービームを自動で切り替えるオートハイビーム機能が搭載されています

 2023年モデルにおいてはハイビームとロービームを自動で切り替えるオートハイビーム機能を搭載し、ライダーの利便性が高められています。

 なお、カワサキモータースの伊藤浩社長は、2024年から2025年の2シーズンにわたり、世界で約30台の内燃機関を搭載した二輪車を導入する計画を名言。どのようなモデルが登場するのか期待が高まります。