ホンダは、2022年11月8日から13日にかけてイタリア・ミラノで開催されているバイクの見本市「EICMA(エイクマ)」で「MSX125 Grom」の新型モデルを公開しました。

世界中で人気の原付二種モデル

 ホンダは、2022年11月8日から13日にかけてイタリア・ミラノで開催されているバイクの見本市「EICMA(エイクマ)」で「MSX125 Grom」の新型モデルを公開しました。

ホンダ「MSX125 Grom」(グロム)2023年モデル
ホンダ「MSX125 Grom」(グロム)2023年モデル

 2013年に登場して以来、世界各国で人気を博しているMSX125 Grom(日本でのモデル名:グロム)は、排気量123ccの空冷単気筒エンジンを搭載した小型ファンモデルです。

 2021年のモデルチェンジ時には市街地走行からショートツーリングまでさまざまなシチュエーションに対応するため、変速比を最適化した5速トランスミッションを採用し、スポーツモデルとしての操る楽しさが追求されています。

 まら、デザイン面においては“遊び心”にあふれ、塊感のあるスタイリングに一新し、サイドビューのアクセントとしてカウル取付けボルト周辺に円形のガーニッシュを採用。

 存在感あるデザインのLEDヘッドライト、シンプルな構造で脱着が容易なカウルやサイドカバーなど、メンテナンスやカスタマイズにも配慮されています。

 なお、最新のグロムではマットディムグレーメタリック・ゴールドホイール・「ビッグロゴ」グラフィック、スプレンディッドブルーの2色を新たに追加。ゲイティレッドSE(新色ブラックフロントマッドガード付)と共に3色展開となっています。