イタルジェットは、2022年11月8日から13日にかけてイタリア・ミラノで開催されたバイクの見本市「EICMA(エイクマ)」で新型モデル「ドラッグスター500GP」を公開しました。

個性派スクーターの最大排気量モデルが登場

 イタルジェットは、2022年11月8日から13日にかけてイタリア・ミラノで開催されたバイクの見本市「EICMA(エイクマ)」で新型モデル「ドラッグスター500GP」を公開しました。

イタルジェット「ドラッグスター500GP」
イタルジェット「ドラッグスター500GP」

 2018/2019年のEICMAにコンセプトモデルが展示され、2020年からは日本での販売も開始されたドラッグスターは、アルミダイキャスト製のプレートを備えたトレリス形状(パイプを三角形状につなぎ合わせた形状)のフレームを備えた個性的なスクーターモデルです。

 イタルジェット最新となるドラッグスター500GPは、最高出力43hp/8000rpm、最大トルク43Nm/6000rpmを発生する排気量450ccの単気筒エンジンを搭載するモデルで、スクーターモデルでありながら6速のマニュアルミッションを搭載。

 トレリスフレームタイプのシャシーには47mmの倒立フォーク、角度調整可能なリアショックが装備されています。

 また、ドラッグスター500GPではブレンボ製キャリパーとABSシステムを標準装備。車重は180kgで12リットルの燃料タンクが搭載されています。