車体の重さがデメリットと思われがちな電動アシスト自転車(e-BIKE)ですが、実際に使ってみると、その重さを煩わしく感じる場面はほぼ無いと言えます。「車体の重さ」と「ペダルの重さ」について紹介します。

持ち上げない限り、重さを感じることはない

 電動モーターによって、ペダルを漕ぐ力をアシストしてくれる電動アシスト自転車(e-BIKE)は、日々の生活を快適にする便利な乗り物ですが、普通の自転車に「バッテリー」や「モーター」、それに「操作スイッチ」といった電気を使うパーツが装備されているので、どうしても車体は重くなります。

電動アシスト自転車には「バッテリー」や「モーター」、それに「操作スイッチ」といった電気を使うパーツが装備されている分、車体は重くなる
電動アシスト自転車には「バッテリー」や「モーター」、それに「操作スイッチ」といった電気を使うパーツが装備されている分、車体は重くなる

 そのイメージから「電動アシスト自転車って重いんでしょ?」と購入をためらっている人も少なくないかもしれません。そこで気をつけたいのが、「車体の重さ」と「ペダルの重さ」です。

 自転車の種類や使われている素材によって異なりますが、競技などで使われるロードバイクの平均的な重さ(車体)は8〜10kgで、街中でよく見かける軽快車(ママチャリ=シティサイクル)は約15〜20kgと言われています。

 それに対して、一般的な電動アシスト自転車は20kgを越え、子供を乗せるタイプはより頑丈に作られているので30kg近くになります。ロードバイクに近いタイプのe-BIKEでも、だいたい15kgほどです。

 人力で進む自転車は、(車体が)軽ければ軽いほどスピードが出しやすくなります。とくに停止状態からの漕ぎ出しの際は最もエネルギーを使うため、軽い自転車ほど有利と言えます。しかし、e-BIKEはその不利な点を補うために誕生したと言えるものです。

 自転車はある程度のスピードに乗らないと、バランスが取りづらく転倒しやすい状態になります。そのため、非電動時代は漕ぎ出しが軽く、すぐにスピードに乗ることができる軽い自転車が求められてきました。

 しかしe-BIKEは、メーカーによって多少の違いはありますが、漕ぎ出しの際に最も強くアシストするように設定されています。漕ぎ出しの際に「よいしょ!」と力を入れる必要はまったくありません。軽く足を乗せるだけで、力強くスタートできるのです。

 また、上り坂でも平地と同じ力でスイスイ進んでくれます。つまり、電気(バッテリー)が切れない限り「ペダルの重さ」を感じることは皆無と言えます。

 一方で「車体の重さ」自体は解消できない問題です。20〜30kgの重さを「持ち上げる」にはかなりの力が必要です。使用環境の中で、大きな段差を乗り越える、長い距離を押して歩く必要がある場合は、購入についてじっくり検討した方が良いかもしれません(とはいえ、e-BIKEは長距離を走ることも苦にならないので、急がば回れの精神で大きな障害を迂回して進む方が便利な気もしますが……)。

たとえバッテリーが切れても、漕げなくなるほどペダルが重くなるわけではない
たとえバッテリーが切れても、漕げなくなるほどペダルが重くなるわけではない

 なお、e-BIKEの弱点として、バッテリーが切れてアシストが止まってしまった場合があります。そうなると「車体の重さ」が影響してペダルが重く感じることもあるでしょう。

 しかし、それでも漕げないほど重くなるわけではありません。電動アシスト機能が無い一般的な自転車と同様に、多くのe-BIKEには変速ギアが装備されているので、ペダルが最も軽くなるギアにシフトチェンジすれば、押して歩くよりもよっぽど楽に、速く進めるはずです。

 車体の重さで誤解されがちなe-BIKEですが、それが日常生活の中でデメリットとなる場面は、まず無いのではないでしょうか(毎日自転車を担いで階段を使うなど)。

 余談ですが、数年前の某テレビドラマで、ヒロインが旅立ってしまう恋人を引き留めるために、空港までe-BIKEで追いかけるというシーンがありました。

 途中でバッテリーが切れてしまい、ヒロインはe-BIKEを乗り捨てて自分の足で走って向かいますが、タッチの差で間に合わず……。ドラマチックな演出ですが、いくらバッテリーが切れたe-BIKEでも、ハイヒールで走る女性よりは確実に速く、楽なことは容易に想像できます。

 そのまま自転車に乗っていれば、きっと間に合ったことでしょう……。