自転車のブレーキは意外と種類が多く、それぞれで仕組みや特徴が異なります。車輪の中心にある回転軸(ハブ)の動きを止める「ハブブレーキ」を紹介します。

違いを知って、正しくメンテナンス

 自転車の基本的な動き「走る・止まる」において、ブレーキは車体を安全に停止させるために絶対必要な部品であり、その存在無くして自転車は語れません。そんな自転車のブレーキは意外と種類が多く、それぞれの仕組みや特徴があります。

ママチャリ(=シティサイクル)の後輪には「ハブブレーキ」が多く使われている
ママチャリ(=シティサイクル)の後輪には「ハブブレーキ」が多く使われている

 大きく分けると、車輪の外側の鉄の輪(リム)の動きを止めるタイプと、車輪の中心にある回転軸(ハブ)の動きを止めるタイプがあります。今回は後者の「ハブブレーキ」について紹介します。

「ハブブレーキ」は、ママチャリ(=シティサイクル)などの一般的な自転車の後輪で多く使われ、リムの回転を抑える「リムブレーキ」と比べて、比較的緩やかにスピードを落としてくれます。構造の違いから、代表的なところで「バンド(ドラム)ブレーキ」、「サーボブレーキ」、「ローラーブレーキ」の3種類があります。

「バンドブレーキ」は、ママチャリの後輪ブレーキとして古くから最も普及しているタイプで、ハブに固定されたドラムに外側からゴム製のバンドを当てて動きを止めます。

 シンプルな構造で、安価なので多くの自転車で使われていますが、最大の弱点は水やほこりなどの異物が入りやすく、それに伴う経年劣化で、しばらく使っているとブレーキを掛けた時に「キーッ」という耳障りな甲高い音が鳴ってしまうことです。

 また、隙間に異物が入り込むと制動力も低下します。「バンドブレーキ」は分解修理ができないので、基本的にこの音鳴りを止めることはできません。歯みがき粉や研磨剤を使った修復方法もありますが、制動力を落とす可能性があるのでオススメはできません。

 そんな音鳴りという弱点を克服するために産み出されたのが「サーボブレーキ」です。基本的には「バンドブレーキ」と同じ構造ですが、こちらは外側からドラムを止めるのではなく、ドラムの内側に装備されたブレーキシューが押し広がって回転を止めます。

 構造的に水やほこりが入り込む可能性が低いので「キーッ」という異音が発生する心配がなく、制動力が安定しているのも特徴です。「バンドブレーキ」と「サーボブレーキ」には互換性があるので、「バンドブレーキ」の異音で困っている場合は「サーボブレーキ」に取り換えられるという利点もあります。

 ただ「サーボブレーキ」も長期にわたって使用しているとやがて音鳴りが発生します。こちらも分解修理ができないので、単純な修理では解消できません。音鳴りに強い「サーボブレーキ」から異音が聞こえて来たら、ブレーキ自体の寿命だと思ってください。

 そして「サーボブレーキ」をさらに一歩推し進めたのが「ローラーブレーキ」です。基本的には「サーボブレーキ」と似た仕組みなのですが、「ローラーブレーキ」はハブの中に複数のローラーが内蔵されており、これらが押し広がって回転を止める時にローラー自体も少し動くので、より音鳴りを抑えることができると言われています。

 また、内部に専用のグリスが充填されており、万が一水が入っても制動力に影響は無く、内部の摩耗も抑えられ耐久性の高さも特徴です。

 ただ、「ローラーブレーキ」でも絶対に音鳴りがしないわけではなく、内部に充填されたグリスが熱などで流れ出すと異音が発生します。それでも専用グリスを継ぎ足せば音鳴りは解消され、制動力も回復します。

 ちなみに、「ローラーブレーキ」は他のブレーキとの互換性がないので、もし変えたい場合は車輪ごとの交換が必要になります。

優れた制動性能を発揮する「ディスクブレーキ」
優れた制動性能を発揮する「ディスクブレーキ」

 上記の3種類と似て非なるものが「ディスクブレーキ」です。ハブに固定された鉄製のディスクを、樹脂や金属製のパッドで挟むことで回転を止めます。

 ハブの回転を止めているのですが、仕組み的にはリムの回転を抑える「リムブレーキ」に近い種類になります。

「ディスクブレーキ」には機械式と油圧式の2種類があり、制動力に優れ水や泥にも強いところから、マウンテンバイク(MTB)をはじめとするスポーツ車や、ロードバイクでも多く使われています。パーツ自体がかなり高価になるので、一般的なママチャリで使われることはまずありません。