アジと言えばアジフライ! というライダーのために、美味しいアジフライを味わえるお店を紹介します。埼玉県深谷市『食堂大関』を訪れました。

たまたま訪れた路面店、味も雰囲気も話題の食堂だった

 週末に筆者(増井貴光)が向かったのは、埼玉県の長瀞町です。荒川上流の自然豊かなエリアで、ライン下りや岩畳などが有名です。そこで人気のオートキャンプ場『FOREST SONS NAGATORO』で、21オンス・デニムの『IRON HEART(アイアンハート)』のイベント、「アイアンキャンプ」に参加したのです。

ヘビーオンスデニムの『IRON HEART(アイアンハート)』が開催する「アイアンキャンプ」へ。会場は長瀞町の人気キャンプ場『FOREST SONS NAGATORO』
ヘビーオンスデニムの『IRON HEART(アイアンハート)』が開催する「アイアンキャンプ」へ。会場は長瀞町の人気キャンプ場『FOREST SONS NAGATORO』

 このイベントには、日本中からアイアンハートのコアなファンが集まります。筆者もヘビーオンスデニムのタフさが気に入って10年以上愛用しています。

 土曜日の昼ごろから参加者が集まり始め、バイクを停めてコテージやキャンピングトレーラーに落ち着いたらイベント会場へ。ウエルカムドリンクやキッチンカーで出店の『Sun2Diner』のハンバーガーを楽しみます。

 アイアンハートはもちろん、シルバージュエリーや工具専門店などの出店もあり、ショッピングも楽しめます。夕方からはバーベキュー、豪華景品が当たる抽選会やじゃんけん大会、そして各々で焚き火などキャンプ場の夜を楽しみ、翌日はそれぞれのペースで帰路に着く、というイベントです。

 深夜まで焚き火をしつつ、友人たちと呑んでしまった筆者は、朝食は軽く済ませて昼前にフォレストサンズを後にしました。走り出してしばらくすると、身体が動き始めたからか、腹が減ってきました……。

埼玉県深谷市の「食堂大関」にやってきた。外観からは昭和の懐かしい雰囲気が漂う
埼玉県深谷市の「食堂大関」にやってきた。外観からは昭和の懐かしい雰囲気が漂う

 高速道路に乗る前に、一度停まって付近の店を検索します。関越道「花園IC」の近くなので海鮮は期待していなかったのですが、アジフライが食べられる良い感じの食堂を見つけてしまいました!

 少し遠回りして『美味しいアジフライを求めて走る旅』のスタートです。

 旅と言いつつ10分ほどで到着した店は、深谷市の「食堂大関」です。さっと調べたところでは昔ながらの食堂だと思ったのですが、何か雰囲気が違う……。店の壁には昭和レトロな看板が無数に貼られ、これは何だか面白そうな店に来てしまいました。

 引き戸を開けて店内に入ると、昭和の玩具やら看板やらが所狭しと置かれ、食堂と言うより博物館のようです。

 席についてテーブルの上のシンプルなメニューを見ます。「アジフライ定食」ありました! ランチサービスの「もつ煮+ライス+ラーメン」もかなり気になるところですが、悩む前に「アジフライ定食」をオーダーします。

「食堂大関」の店内には昭和の玩具やポスター、看板などが所狭しと飾られている。食堂というより博物館のようだ
「食堂大関」の店内には昭和の玩具やポスター、看板などが所狭しと飾られている。食堂というより博物館のようだ

 念の為、オススメのメニューを訊くと「ジャージャー麺(辛)」だそうです。汁物が食べたい心境なので追加オーダーしようかと思いましたが、どう考えても完食は無理、我慢する筆者でした。

 食事を待つ間にコレクションを見せてもらいます。仮面ライダーにゴレンジャー、月光仮面、エイトマン、アトムなどなど、ソフビや玩具が棚や壁を覆い尽くすほど展示されています。「愛と誠」など映画のポスターにスチールの看板など、もうビックリするほどたくさんのグッズが飾られています。

「こんな物も!?」なんて喜んでいるところに「アジフライ定食」が出来上がってきました。皿の上には普通サイズのアジフライが2枚、付け合わせはキャベツ、ミニトマト、パセリ、小袋の辛子も乗っています。冷奴に漬物、味噌汁とご飯で「食堂大関」の「アジフライ定食」です。

「食堂大関」の「アジフライ定食」。お店の雰囲気のせいか昭和の家庭の食卓に感じる
「食堂大関」の「アジフライ定食」。お店の雰囲気のせいか昭和の家庭の食卓に感じる

 アジフライは、深めの揚げ色で食感はサクサク、身はちょっと硬めです。周りの雰囲気に影響されて、昭和の家庭の食卓を感じる筆者でした。

 入店時は他にお客さんはいなかったのですが、食べ終わった頃には半分以上の席が埋まり、ご主人も忙しそうなのでコレクションの話は聞けませんでした。

「ジャージャー麺(辛)」も気になるのでまたお邪魔しようと思いつつ、関越道に向かう筆者でした。