現在、各メーカーからはデザインや機能などが異なる、多種多様な原付二種が販売されています。では2022年11月現在、車両重量が110kg以下の原付二種には、どのようなモデルがラインナップしているのでしょうか。

車両重量が軽いメリットとは?車両重量110kg以下の原付二種をまとめてチェック

 車両重量が軽いバイクは、比較的力が弱い女性やバイクの運転に慣れていない人でも取り回しやすい上に、ホイールベースが短いため最小回転半径が小さく、運転中でも右左折や旋回などがしやすいというメリットがあります。また、エンジンを切ってバイクを押して歩く際や、不慮の出来事でバイクが転倒した際でも、軽い力で起こしやすいです。

タンデム走行をしやすいように厚みがあるダブルシートを採用したホンダの「DAX125
タンデム走行をしやすいように厚みがあるダブルシートを採用したホンダの「DAX125

 そのため、取り回しやすいバイクを購入する際に、車両重量が軽いことを選ぶ基準のひとつに挙げる人もいるでしょう。中でも、50cc以上125cc以下のバイクであり、全体的にコンパクトなモデルが多い原付二種の購入を検討している人も多いかもしれません。

 原付二種は、公道でも60km/hでの走行ができるほか、二段階右折の義務もないため、通勤や買い物など幅広い用途で利用されています。また、基本的な公道での運転ルールはクルマと大きな違いはありませんが、燃費性能の良さや税金も比較的安いため、クルマを所有するよりも経済的な負担が少ない傾向にあるのも魅力です。

 では2022年11月現在、車両重量が110kg以下の原付二種には、どのようなモデルがラインナップしているのでしょうか。

ホンダ「ダックス125」の車両重量は107kg
ホンダ「ダックス125」の車両重量は107kg

 まずひとつ目の車種は、車両重量107kgのホンダ「ダックス125」です。クロームメッキパーツを使用しているため、趣味用のバイクとしての人気も高いのに加え、2人乗り(以下、タンデム走行)をしやすいように厚みがあるダブルシートを採用しているのも特徴といえるでしょう。

 タンデム走行がしやすいように、シート後方にはグラブバーを装着しており、タンデムをしてもお互いの負担を軽減しやすい仕様になっています。

 ダックス125は、1969年に販売されていた同名車種のリバイバルモデルとなっています。現代風にアレンジされたネオクラシックなデザインは、他のバイクとは一味違った雰囲気を醸し出しているのがポイントです。

 ふたつ目の車種は、国内外問わずに人気が高いシリーズのひとつである、ホンダ「スーパーカブC125」で、車両重量は110kgとなっています。

ホンダ「スーパーカブC125」の車両重量は110kg
ホンダ「スーパーカブC125」の車両重量は110kg

 原付二種といえどパワフルなエンジンは、最初は慣れにくいかもしれませんが、使用している間に身体に馴染んでくるでしょう。また、静かでスムーズな変速ができるように振動や音も軽減させているので、街乗りや長時間の走行でも疲れにくく、活躍するシーンを選びません。

 利便性の高いモデルであり、車両重量も110kgと原付二種の中ではかなり軽量なモデルでもあるので、初心者でも扱いやすいバイクといえそうです。

 そして3つ目の車種は、ヤマハ「アクシスZ」です。車両重量は100kgと非常に軽量な上に、燃費も優れているのが魅力といえます。

ヤマハ「アクシスZ」の車両重量は100kg
ヤマハ「アクシスZ」の車両重量は100kg

 また、アクシスZ最大の特徴として、37.5Lを誇る大容量のメットインが挙げられます。このメットインは小物だけでなく、ヘルメットも2つ収納可能なので、タンデム走行だけでなく、買い物などで大量に荷物がある人や、仕事などで持ち運ぶ荷物が多い人にも適したバイクといえるかもしれません。

※ ※ ※

 全体的にコンパクトなデザインのモデルが多い原付二種の中でも、車両重量が110kg以下のモデルは、女性や高齢者の方でも楽に取り扱えるのが魅力といえます。街中などを中心に走る予定なら、取り扱いがしやすい車両重量が110kg以下のバイクを選んで楽しむのも良いかもしれません。