イタルジェットは、2022年11月8日から13日にかけてイタリア・ミラノで開催されたバイクの見本市「EICMA(エイクマ)」で新型モデル「ドラッグスター#e01 Electric」を公開しました。

姿はそのままに電動化

 イタルジェットは、2022年11月8日から13日にかけてイタリア・ミラノで開催されたバイクの見本市「EICMA(エイクマ)」で新型モデル「ドラッグスター#e01 Electric」を公開しました。

イタルジェット初の電動モデル「ドラッグスター#e01 Electric」
イタルジェット初の電動モデル「ドラッグスター#e01 Electric」

 2018/2019年のEICMAにコンセプトモデルが展示され、2020年からは日本での販売も開始されたドラッグスターは、アルミダイキャスト製のプレートを備えたトレリス形状(パイプを三角形状につなぎ合わせた形状)のフレームを備えた個性的なスタイルのスクーターモデルです。

 2022年のEICMでは排気量450ccの単気筒エンジンを搭載した「ドラッグスター500GP」も発表されましたが、同時に公開された同社初の電動モデルとなるドラッグスター#e01 Electricでは360Nmを発揮するハイパワーなモーターを搭載。

 5.5時間の充電(急速充電で最短0.6時間)で市街地180km、高速道路で90kmの走行が可能といいます。

 そのほか、ドラッグスター初の電動バイクではトラクションコントロールやスマートアプリなどの電子制御システムも搭載されています。