ラーメン1杯に980円というのが高いか安いかは人それぞれですが、一昔前のサービスエリアでの食堂の値段からすると高級な部類に入ります。東名高速道路「足柄SA」(上り)のフードコートで見つけたラーメンを食べてみました。

ちょっと高級でも味は納得、こだわりの塩ラーメン

 東名高速「EXPASA足柄(足柄SA)」(上り)のフードコートには「らぁ麺MORIZUMI」という店舗があります。ラーメンの世界で初のミシュラン一つ星を獲得した森住康二氏が監修し、素材にこだわったスープや麺を提供しています。

東名高速「EXPASA足柄(足柄SA)」(上り)でいただく「ネギ鹽(しお)らぁ麺」(980円)と「名古屋コーチン 卵かけご飯」(250円)。贅沢なラーメンセットに
東名高速「EXPASA足柄(足柄SA)」(上り)でいただく「ネギ鹽(しお)らぁ麺」(980円)と「名古屋コーチン 卵かけご飯」(250円)。贅沢なラーメンセットに

 ベーシックな「醤油らぁ麺」や「鹽(しお)らぁ麺」が880円と、やや高い価格設定ですが、それだけに味も期待せざるを得ないというものです。

 券売機のメニューボタン最上部の「人気No1」のキャッチに惹かれて「ネギ鹽(しお)らぁ麺」(980円)をオーダーしました。

 この「980円」がベース価格のようにも見えたため、少しお高い印象を受けたのも正直な気持ちですが、見るからに美味しそうだったので味に期待です。プチ贅沢ついでに「名古屋コーチン 卵かけご飯」(250円)も注文しました。

 出来上がりは、ほのかにニンニクの香り漂います。麺を覆い隠すほどのシャキシャキの白髪ねぎや小ねぎが乗り、香りと見た目で空腹の胃袋を刺激します。

 国産小麦を使った細いストレート麺と白髪ねぎを箸で上げるとスープの馴染みが良く、麺が無くなっても大量の白髪ねぎが麺の代わりとなり、最後まで味を楽しめました。

屋根は無いが、2輪用の駐車スペースもしっかり確保されている
屋根は無いが、2輪用の駐車スペースもしっかり確保されている

 名古屋コーチンの生卵は黄身が濃厚で新鮮そのもの。この卵かけご飯も安いとは言えませんが、価値感は人ぞれぞれ、美味しかったので「よし」とします。