カヤバ(KYB)の“KADS”(カヤバ電子制御サスペンションシステム)とLMW(リーニングマルチホイール)用フロントフォークが、11月開催の「EICMA2022」にヤマハ発動機株式会社が出展した新型「トレーサー9GT+」と「ナイケンGT」に採用されました。

カヤバが誇る技術を惜しみなく投入

 カヤバ(KYB)の“KADS”(カヤバ電子制御サスペンションシステム)とLMW(リーニングマルチホイール)用フロントフォークが、11月開催の「EICMA2022」にヤマハ発動機株式会社が出展した新型「トレーサー9GT+」と「ナイケンGT」に採用されました。

カヤバ(KYB)の“KADS”(カヤバ電子制御サスペンションシステム)を搭載するヤマハ「トレーサー9GT+」
カヤバ(KYB)の“KADS”(カヤバ電子制御サスペンションシステム)を搭載するヤマハ「トレーサー9GT+」

 多くのメーカーに技術を提供するカヤバは、ショックアブソーバをはじめとするサスペンションのスペシャリストと知られる日本の企業です。

 ヤマハの最新スポーツツアラー「トレーサー9GT+」に搭載されたKADSは、バイクの挙動と地面からの入力を各所に取付けたセンサとECUでリアルタイムにデジタル処理し、高い応答性を持つソレノイドバルブサスペンションでタイヤが地面に吸い付くような接地感と操縦安定性を提供しるもので、「トレーサー9GT ABS」に初めて採用されて以来、高い評価を得ているシステムです。

カヤバ(KYB)のフロントフォークを採用するヤマハ「NIKEN GT」
カヤバ(KYB)のフロントフォークを採用するヤマハ「NIKEN GT」

 また、ヤマハ独自のLMWはフロントが2輪ある特徴的なフォルムと安定感のある走行が特徴で、左右2本ずつ装着するサスペンションの前側はガイドパイプの役目をし、主に後ろ側で衝撃を吸収。

 前後のサイズを微妙に変えることで軽量化も図られています。

 なお、両モデルの導入時期は、トレーサー9GT+が2023年夏以降、NIKEN GTが秋以降に予定されています。