米国の自転車メーカー「TREK(トレック)」から、「いつもより遠く、いつまでも笑顔で」をキャッチフレーズに、電動アシスト機能を搭載したロードバイク「Domane(ドマーネ)+ AL」がリリースされました。どのような特徴を備えているのでしょうか。

スポーツe-BIKEの最新型、ペダルバイクと変わらない姿に

 米国の自転車メーカー「TREK(トレック)」から、「いつもより遠く、いつまでも笑顔で」をキャッチフレーズに、電動アシスト機能を搭載したロードバイク「Domane(ドマーネ)+ AL」がリリースされました。

TREK「Domane+ AL」は、電動アシストユニットを搭載することによってアクテビティの幅を拡げることができる
TREK「Domane+ AL」は、電動アシストユニットを搭載することによってアクテビティの幅を拡げることができる

 トレックの電動アシストスポーツバイクは、3つのカテゴリー「シティバイク」「マウンテンバイク」「ロードバイク」に登場し、好みのスタイルでe-BIKE(電動アシスト自転車)の恩恵に授かることができます。

「Domane+ AL」の特徴は大きく3つ。まずは14.06kgという、e-BIKEでありながら通常のクロスバイクに近い軽さです。

 電動アシストユニットを搭載することで、どうしても逃れられないのが重量増ですが、同社のクロスバイク「520Disc」(=14.52kg)、「FX1Disc」(=12.68kg)、「DS1」(=13.5kg)といった、ペダルバイクに非常に近い数字を実現しています。

 これはトレックが誇る高性能アルミニウム「Alpha(アルファ)」をフレーム素材に使い、電動ユニットにはリアハブモーターを採用したことで大幅な軽量化を実現しています。
 
 2つめの特徴は、あらゆるライダーも楽しめる多様性です。700x38Cというワイドサイズのタイヤも飲み込むクリアランスを兼ね備え、グラベル走行も楽しめます。

 また、フェンダーやラックマウントを装備する「ダボ穴」もあり、ツーリング用途にも対応。さらに天候によって制動性能が左右されにくいディスクブレーキを標準装備しています。

 ロングツーリングではバッテリーが気になるところですが、「レンジエクステンダー」(別売りの追加バッテリー)も用意され、最長走行距離は150km以上まで伸ばせます(通常のエコモードでも88km走行可能)。

TREK「Domane+ AL 5」カラー:Viper Red
TREK「Domane+ AL 5」カラー:Viper Red

 3つめの特徴は、上りと下りのアドバンテージになる22段変速です。リアハブモーターを採用することでフロントギアのダブル化が可能となり、2×11変速としてます。

 ドライブトレインは安定のシマノ105コンポーネントを中心にアッセンブルし、走行性能に妥協はありません。

 キツい上り坂では悠々と走れるe-BIKEですが、ペダルを回さないとサポートしてくれません。あくまでもアシストなので、本人の努力も必要というのが良いところ。

 また、同行者との脚力差を埋めてくれるので、パートナーとも楽しく走れます。しばらくスポーツを休止していたというシニア層にもオススメでしょう。つまり、距離や坂道に臆することなく、スポーツライドを楽しめるのです。

 トレックの電動アシスト機能を搭載したロードバイク「Domane+ AL」のカラーは2種類、サイズは6種類ラインナップされ、価格(消費税10%込み)は54万9890円です。