自転車の製造・卸売及び自転車専門店「ダイシャリン」を展開するシナネンサイクル株式会社は、marie claire bike初のスポーツモデル「Avenue Junot」を12月3日に発売しました。

シンプル&ハイクオリティーな最新スポーツモデル

 自転車の製造・卸売及び自転車専門店「ダイシャリン」を展開するシナネンサイクル株式会社は、marie claire bike(マリ・クレールバイク)初のスポーツモデル「Avenue Junot(アヴニュー・ジュノ)」を12月3日に発売しました。

marie claire bike初のスポーツモデルとなる「Avenue Juno」
marie claire bike初のスポーツモデルとなる「Avenue Juno」

 1937年に創刊され現在30カ国で出版されているフランスを代表する女性誌marie claire誌が手掛けるmarie claire bikeは、「シンプル&ハイクオリティー」をコンセプトに最新のトレンドを取り入れ、日本のマーケットに適したデザインを採用する自転車ブランドです。

 marie claire bike初のスポーツモデルとなるAvenue Junotは、これまで発売してきた車種が持つエレガントさに加え、走りを楽しむスポーティさを兼ね備えた一台で、直線と曲線をおしゃれにバランスさせたフレームに、ブラウン系のパーツを配しシンプルにまとめたデザインを採用。

 足回りには700×35Cの太めで安定感のあるタイヤ、走破性の高いシマノ製外装7段変速ギアを搭載し、街乗りやポタリングにも適した仕様とされています。

 パリのブティックの内装をイメージした、「gris flanelle(グリ・フラネル)」・「Bleu glacier(ブルー・グラシエ)」・「beige rose(ベージュローズ)」の3色が用意されたAvenue Junotの価格(消費税10%込)は、8万3000円となっています。