自転車の駐輪場に、原付一種や原付二種が駐車されている光景を見かけたことはありませんか?この自転車用駐輪場に原付を駐車する行為は、違反に該当しないのでしょうか。

原付二種は自転車扱いではない!?

 原付二種は、排気量50ccの原付一種よりも利便性が高いことから、昨今人気が高まっている排気量です。しかし、原付一種とは交通ルールが異なることをしっかりと覚えておかなくてはいけません。

自転車用駐輪場に停めていいのは原則、自転車と原付一種のみ
自転車用駐輪場に停めていいのは原則、自転車と原付一種のみ

 原付一種と原付二種は、同じ「原付」の名を冠しているため、バイクにあまり詳しくない人のなかには、同じであると勘違いしている人もいるでしょう。

 そのため、自転車や原付一種が停められている駐輪場に、原付二種を駐車してしまう人も少なくありません。しかし道路交通法では、原付二種は自動二輪車の扱いであり、エンジン排気量250ccや400ccと同等に区分されます。

 そして、道路交通法施行規則 第1条の2(原動機付自転車の総排気量等の大きさ)では、原動機付自転車は以下のように規定されています。

「(前略)総排気量については0.050リットル、定格出力については0.60キロワットとし、その他のものにあっては、総排気量については0.020リットル、定格出力については0.25キロワットとする」

 つまり、道路交通法における原動機付自転車とはエンジン排気量50ccまでのバイクであり、それを超えてしまうと、原動機付自転車ではないというわけです。そのため、駐輪場に原付二種を駐車してしまうと駐車違反に該当。放置駐車違反となり違反点数2点、反則金9000円が科せられます。

原付一種は原動機が付いた自転車

 このように、原付二種はそれ以上の排気量のバイクと同じく、駐車場に駐車する必要があります。ただし、自治体によっては排気量125ccまでのバイクを停めてもよいとしている駐輪場もあり、その場合は駐車違反にはなりません。

51㏄以上のバイクはバイク用駐輪場か駐車場に停める
51㏄以上のバイクはバイク用駐輪場か駐車場に停める

 ちなみに、原付一種が駐輪場に停めてもよいのは、自転車の駐輪場に関する法律で規定されているから。それが「自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律」です。

 同法の第2条(定義)の2項の「自転車等」の規定を抜粋すると、「自転車又は原動機付自転車(道路交通法第2条第1項第10号に規定する原動機付自転車をいう。)をいう」とされています。つまり、道路交通法で定める原動機付自転車、エンジン排気量50cc以下の原付一種も自転車等に該当するというわけです。

 そして、続く同法第2条3項では「自転車等駐車場」の定義について、「一定の区画を限って設置される自転車等の駐車のための施設をいう」と規定されており、「自転車等」となっていることから、自転車と原動機付自転車の両方が含まれています。したがって、原付一種は自転車と同じ駐輪場に停めてもよいことになるのです。

原付用駐輪場に51㏄以上のバイクを停める行為も違反
原付用駐輪場に51㏄以上のバイクを停める行為も違反

 一方で、駐車場は駐車場法第2条(用語の定義)第1項の路上駐車場の規定、第2項の路外駐車場の規定の両方によって、「自動車の駐車のための施設」と定められています。

 この自動車とは、道路交通法の第3条(自動車の種類)で規定された「(前略)大型自動車、中型自動車、準中型自動車、普通自動車、大型特殊自動車、大型自動二輪車(側車付きのものを含む。以下同じ)、普通自動二輪車(側車付きのものを含む。以下同じ)及び小型特殊自動車に区分する」の8種類が含まれています。つまり、駐車場に停めていいのは道路交通法で規定する自動車のみであり、原動機付自転車は含まれていません。

 無用なトラブルを避けるためにも原則、原付一種は駐輪場に原付二種は駐車場に停めないと違反となることを覚えておきましょう。