スズキはスポーツモデル「GSX-S125」の新型モデルを海外市場で発表しました。

街乗りを軽快に楽しめる原付二種ネイキッド

 スズキはスポーツモデル「GSX-S125」の新型モデルを海外市場で発表しました。

スズキ「GSX-R125」2024年モデル
スズキ「GSX-R125」2024年モデル

 2016年にイタリア・ミラノで開催されたバイクの見本市「EICMA(エイクマ)」で発表され、2017年に国内導入されたGSX-S125は、排気量124ccの水冷単気筒DOHCエンジンを搭載する原付二種スポーツモデルです。

 2022年のモデルチェンジ時にはアンダーカウルの形状変更が行われたGSX-S125では、兄弟モデルである「GSX-R125」同様、前後17インチのホイール、花弁形状のブレーキディスクやABSを標準装備。

 ワンアクション式シャッター付ステアリングロックや、スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」など、利便性の高い装備も採用されています。

 そのほか、視認性に優れたマルチファンクション液晶メーターパネルも採用するGSX-R125の最新モデルでは、パールブリリアントホワイト/メタリックトリトンブルー、ストロンガーレッド/タイタンブラック、タイタンブラックの3色が用意されています。