BMW Motorradはスクーターモデル「C400GT」「CE 04」の2024年モデルを発売しました。

BMW Motorradのアーバン・モビリティ

 BMW Motorradはスクーターモデル「C400GT」「CE 04」の2024年モデルを発売しました。

BMW Motorradのスクーターモデル「C400GT」
BMW Motorradのスクーターモデル「C400GT」

 取り回しが容易で、中排気量域の都市型二輪車としてラインナップされているC400GTは、出力25kW(34ps)/7500rpm、最大トルク35Nm/6000rpmを発揮する排気量349ccの単気筒エンジンを搭載するミドルサイズ・スクーターです。

 エンジンの駆動を効率よく伝達するために、CVT(無段変速機)ギヤ・ボックスと、振動を抑え快適性を高めるスイングアーム・ベアリングを備えた、ねじれ剛性の高いスイング・アームを採用するC400GTでは、リアタイヤの空転を検知してトラクションを制御するASC(オートマチック・スタビリティ・コントロール)を搭載。

 グリップヒーターやシートヒーター、キーレスシステム、デイタイム・ライディング・ライトなど、利便性と安全性を高める装備が奢られています。

鋭い加速を実現する電動モデル「CE 04」

BMW Motorradの電動スクーター「CE 04」
BMW Motorradの電動スクーター「CE 04」

2017年に登場した電動スクーター「C evolution(シー・エヴォリューション)」に続く電動モデルとして2022年に発売された「CE 04」は、定格出力15 kW(20 PS)、最高出力31kW(42PS)、最大トルク62 Nm/0-4900 rpmを発生する電気モーターを搭載し、最大130kmの航続可能距離を実現する電動コミューターです。

 CE 04では、スケートボードを連想させる前後に長いフローティングシートをはじめ、片持ちスイングアームに組み合わされたリアディスクホイール、格納するとボディデザインと一体化するサイドスタンド、オレンジ色のウィンドデフレクター(フロントスクリーン)などを採用。

 0%から80%まで最短65分で充電可能となっています。

 新色のインペリアル・ブルー・メタリック、継続色のアルピン・ホワイト、ブラック・ストーム・メタリック2が用意されたC400GTの価格(消費税10%込)は113万3000円から、新色のインペリアル・ブルー・メタリック、継続色のライト・ホワイトが用意されたCE 04の価格(消費税10%込)は197万9000円からで、CE 04はタイヤ空気圧センサーが標準装備となっています。