BMW Motorradは、大型モデル「S1000XR」の新型車を発表しました。最新モデルでは出力向上と共に、各部のブラッシュアップが図られています。

5PS向上したエンジン出力

 BMW Motorradは、大型モデル「S1000XR」の新型車を発表しました。

BMW Motorrad「S1000XR」最新モデル
BMW Motorrad「S1000XR」最新モデル

 スーパースポーツモデル「S1000RR」と共通の排気量999cc直列4気筒エンジンを搭載するS1000XRは、長距離走行性能とスポーツ性能を両立するアドベンチャースポーツモデルです。

 吸気の流路形状を最適化し、マッピングをカスタマイズすることで最高出力を125kW(170ps)/11000rpm(4kW(5ps)向上)まで引き上げたS1000RR最新モデルでは、ワインディングやサーキットでのハイパフォーマンス走行時に、より自由な動きを提供するため長さと幅を広げた新型シートを採用。

 モータースポーツからインスピレーションを得た新しいサイドパネルとエアインテークを備えることで、よりダイナミックな外観へと進化しています。

BMW Motorrad「S1000XR」最新モデル
BMW Motorrad「S1000XR」最新モデル

 また、新型S1000XRではコーナーでの路面照度が向上するアダプティブ・ターニング・ライト、日中の車両認識を向上させるデイタイム・ランニング・ライト(DRL)で構成されたヘッドライト・プロを標準装備。

 キーレスシステムや12Ah容量のバッテリー、USB充電ポートも標準装備となっています。

 その他、新型S1000XRでは、M GPSラップトリガー、新たにオプションとして追加されたMカーボン・ホイールの提供も行われます。