小田原厚木道路「小田原PA」(下り)のフードコートには、小田原名産の蒲鉾(かまぼこ)やしらす、貝の小柱、野菜などを使ったかき揚げ丼がありました。小田原の味をかき揚げでまとめた豪快な丼を味わってみました。

ローカルPAのオリジナリティを感じる丼メニュー

 小田原厚木道路をバイクで移動中に「小田原PA」(下り)へ立ち寄りました。フードコートを覗いてみると、小田原名産の蒲鉾(かまぼこ)、しらす、貝の小柱、野菜などを使ったかき揚げ丼を発見。小田原の名産品を全てかき揚げでまとめたような、豪快な丼メニューです。

小田原厚木道路「小田原PA」(下り)でいただいた「小田原の蒲鉾としらすのかき揚げ丼」には、蒲鉾やしらすなどの食材を使ったかき揚げの上に「梅おろし」が添えられていた。みそ汁と漬物付き
小田原厚木道路「小田原PA」(下り)でいただいた「小田原の蒲鉾としらすのかき揚げ丼」には、蒲鉾やしらすなどの食材を使ったかき揚げの上に「梅おろし」が添えられていた。みそ汁と漬物付き

 到着したのは朝食やランチには半端な時間の午前。まず目についたのは「福田家 横浜家系ラーメン」でしたが、変わったメニューの「小田原の蒲鉾としらすのかき揚げ丼」(1100円)が気になって、ついオーダーしてしまいました。

 確かに、小田原と言えば蒲鉾のイメージもあります。出来上がってきたのはまさにかき揚げ丼です。しかし具材には蒲鉾、しらす、貝の小柱、野菜が使用されており、それぞれの食感を味わいながら食べ進みます。

 かき揚げの中央にはシソの葉の上に小田原の梅を使った「梅おろし」が添えられていました。最初は明太子かと思いましたが、大きな揚げ物に対して、大根おろしは口の中がさっぱりするので、良いアクセントだと思いました。

「当店人気No.1」と、券売機でも一番目立っていてなんとなく買わされてしまった感もありますが、小田原の味覚が一杯の丼に凝縮され、海鮮を生でいただく本来の味とは別に、かき揚げにすることでサクサク食感を楽しみながら味わう丼には満足です。クセもなく食べやすかったので、またリピートするかもしれません。

PAらしい小規模な施設だが、屋根付きで2輪専用の駐車スペースも備わっている
PAらしい小規模な施設だが、屋根付きで2輪専用の駐車スペースも備わっている

 もちろん、しらすを使った定番メニュー「釜揚げしらす丼」(950円)、「釜揚げしらす丼 ミニうどん/そば」(1150円)なども販売されていました。

 また券売機を見て気づいたのですが、そばつゆに関しては関西風と関東風が選べるようです。関西風に変更したい場合はスタッフに声をかけると変えてもらえます。