ピアッジオグループジャパンは、オフロード「RX125」とモタードモデル「SX125」の最新モデルを発売しました。

新グラフィック「ホワイトワンダー」を追加

 ピアッジオグループジャパンは、オフロード「RX125」とモタードモデル「SX125」の最新モデルを発売しました。

アプリリア「RX125」(左)と「SX125」(右)
アプリリア「RX125」(左)と「SX125」(右)

 2018年に初代モデルが登場したRX125は、国内市場では希少な原付二種のフルサイズ・オフロードモデルです。

 最高出力11kW(15HP)/10,000rpm、最大トルク11.2Nm/8,000rpmを発揮する排気量124.2cc・4ストローク水冷単気筒DOHC4バルブエンジンを搭載するRX125では、アプリリアがオフロードレースで得たノウハウを投影したシャーシを採用。

 コンパクトでモダン、視認性の高い洗練されたデジタルメーターなど、シンプルでありながら使い勝手に優れた装備も備えられています。

 また、RX125の兄弟車となるSX125は、前後ホイールを17インチ化しオンロードタイヤを装着(RX125はフロント21、リア18インチ)。フルサイズの車体のため、原付二種でありながら本格的な走りを楽しむことが可能となっています。

 新しいグラフィック「ホワイトワンダー」と、継続色のイエロースターク、レッドフラッシュの3色展開とされたRX125の価格は47万3000円、SX125は48万4000円(共に消費税10%込)となっています。