ヤマハは世界最大規模の展示会「バーチャルマーケット2023 Winter」、ならびに沖縄最大級のバーチャルイベント「OKIVFES(オキブイフェス)」に出展します。

未来のモビリティをイメージしたコンセプトモデル「YVM-P01」も登場

 ヤマハは、12月2日から17日にかけてメタバース上で開催される世界最大規模の展示会「バーチャルマーケット2023 Winter」、ならびに12月15日から24日に開催される沖縄最大級のバーチャルイベント「OKIVFES(オキブイフェス)」に出展します。

「バーチャルマーケット2023 Winter」および「OKIVFES(オキブイフェス)」に出展されるヤマハのモデル。左からYZF-R1のパーツが組み合わさり人型に変形したアバター「YXA-01」、乗れるあみぐるみ「ニャイケン 3Dモデル」、未来のモビリティをイメージしたコンセプトモデル「YVM-P01」、「YVM-P01根間ういさん仕様」、自律ライディングロボット「MOTOBOT」をキャラクター化したアバター「MOTOBOT君」
「バーチャルマーケット2023 Winter」および「OKIVFES(オキブイフェス)」に出展されるヤマハのモデル。左からYZF-R1のパーツが組み合わさり人型に変形したアバター「YXA-01」、乗れるあみぐるみ「ニャイケン 3Dモデル」、未来のモビリティをイメージしたコンセプトモデル「YVM-P01」、「YVM-P01根間ういさん仕様」、自律ライディングロボット「MOTOBOT」をキャラクター化したアバター「MOTOBOT君」

 コンピュータやコンピュータネットワークの中に構築された、3次元の仮想空間で行われるバーチャルマーケットは、「バーチャルリアリティマーケットイベントにおけるブースの最多数」としてギネス世界記に認定されたイベントです。

 また、OKIVFES(OKINAWA JAPAN VIRTUAL FES)はメタバース『バーチャル沖縄』上であらゆる沖縄体験ができるバーチャルイベントで、OKIVFESを沖縄の伝統イベントに育てることで、継続的な観光産業の発展を目指すものです。

 バーチャルマーケット2023 Winter会場には、VRゴーグルなどを使用して本格没入体験ができる「VR Chat」会場と、タブレット端末などから来場できる「Webブラウザ」会場の2 種類があり、来場はいずれも無料。

「VR Chat」の来場者は、バーチャル空間上で未来のモビリティをイメージしたコンセプトモデル「YVM-P01」、フロント2輪の3輪バイク「NIKEN」を擬ニャン化した「ニャイケン」を試乗することで、バーチャル空間での新しい移動を体験できます。

 ヤマハは前回に引き続き、ニャイケンやアップデート版のYZF-R1アバター「YXA-01」の展示、販売も予定しており、メタバースによる新たな魅力を提供します。

 また、ヤマハは新たな取り組みとして、VTuber「根間うい」(おきなわ部所属)さん、と「調月音葉」さんによる移動体の案内音声コンテンツも用意。

 「根間うい」さんによる「YVM-P01」、「調月音葉」による「ニャイケン」の音声をお楽しむことができます。

「Webブラウザ」では、「YZF-R1」および「YXA-01」を展示し手元で手軽に製品を見ることが可能です。

 なお、ヤマハはOKIVFESにおいてもYVM-P01を出展予定です。