KTM Japanは、2024年型「390 DUKE」の国内導入および予約販売(2023年11月22日開始)を発表しました。

エンジンからフレーム、スタイリングまですべてを一新

 KTM Japanは、2024年型「390 DUKE」の国内導入および予約販売(2023年11月22日開始)を発表しました。エンジン、シャシー、スタイリングなどすべてが一新され、価格(消費税10%込み)は78万9000円、カラーバリエーションは「エレクトロニック・オレンジ」、「アトランティック・ブルー」の2タイプです。

KTM「390 DUKE」(2024年型)※オプション装着車
KTM「390 DUKE」(2024年型)※オプション装着車

 搭載される次世代型に進化した排気量398.7ccの水冷単気筒エンジン、通称「LC4c」は、シリンダーヘッドやギアボックスが最適化され、EURO5.2排出ガス規制にも適合し、環境性能を高めつつ従来型より軽量化も実現しています。

 車体は新設計のスチール製トレリス・メインフレームにアルミダイキャスト製サブフレームを組み合わせた2ピース構造を採用しており、リアショックを中心から右側へオフセットすることでシート高を下げるとともにエアボックスの大型化を実現。調整可能なWP製APEX前後サスペンションを装備し、新しいトリプルクランプなどにより安定性やハンドリング特性を向上、より優れたコントロール性を提供するものとしています。

 外観ではエアインテークを強調した長いタンクスポイラーと大型のラジエターカバー、そして外側にレイアウトされたLEDポジションライトが特徴的なキャラクターを強調しており、「DUKE(デューク)」シリーズらしいボディワークとなっています。

「デューク」シリーズは、排気量1301ccのV型2気筒エンジンを搭載するフラッグシップモデル「1290スーパーデュークR EVO」と「1290スーパーデュークR」を筆頭に、ミドルクラスとなる並列2気筒エンジンの「890デュークR」、「890デュークGP」、「790デューク」、そしてスモールクラスでは普通自動二輪免許(いわゆる中免)で運転可能な「390デューク」、「250デューク」、原付2種区分の「125デューク」と、じつに多様な排気量がラインナップしています。

KTM「390 DUKE」(2024年型)カラー:エレクトロニック・オレンジ
KTM「390 DUKE」(2024年型)カラー:エレクトロニック・オレンジ

 2024年型の「390 DUKE」は新型の5インチTFTディスプレイ、走行シーンに応じて選択可能な「RIDE MODE」、初採用となる「ローンチコントロール」、スーパーモトABSやコーナリングMTCなどを標準装備し、1994年にはじまったKTMのハイパワーネイキッドモデルの系譜を受け継ぎ、よりエネルギッシュなキャラクターへと進化しています。

■KTM「390 DUKE」(2024年型)主要諸元
エンジン型式:水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ
総排気量:398.7cc
最高出力:33kW(45PS)
最大トルク:39Nm
タイヤサイズ(F):110/70 ZR-17
タイヤサイズ(R):150/60 ZR-17
シート高:820mm
燃料タンク容量:約15リットル
車輌重量:約165kg(燃料含む)
保証期間:2年間
生産国:インド

※主要諸元の値はEU仕様のものです。日本仕様では値が異なる場合があります。