GPXジャパンは、新型モデル「GTM250R」を公開しました。

ネオレトロなカフェレーサーモデルが全面刷新

 GPXジャパンは、新型モデル「GTM250R」を公開しました。

GPXの新型カフェレーサー「GTM250R」
GPXの新型カフェレーサー「GTM250R」

 タイのバイクメーカー「GPX」が製造する「GentlemanRacer200(ジェントルマンレーサー200)」の後継機種となるGTM250Rは、排気量を200ccから250ccに拡大した小排気量のカフェレーサーモデルです。

 排気量拡大と共に、これまでのキャブレターからフューエルインジェクション化されたGTM250Rでは、新たにABSを採用することで安全性を向上。

 カラーはグレー、レッド、イエローの3色が用意されており、主要諸元、導入時期、価格などについては近日公開予定となっています。