Aloha Happy Friday! 今週もクリステル・チアリの “The next station is...SUNNY RIDE!”今週もご乗車いただきありがとうございます!

遂に愛車最有力候補が出現!?

 前回はクラッチを握りながらセルを回さなあかんことに気づいた所で終わった、スズキ「Vストローム250SX」試乗でしたが、今回はその続き!

 Vストローム250SXの走りを堪能してきました〜!

 ちょっとおさらいしておくと、「Vストローム250」とVストローム250SXはベースのマシンがちがうということ。

 Vストローム250は全長2150mm、全幅880mm、全高1295mmで、Vストローム250SXは全長2180mm、全幅880mm、全高1355mmと、ちょっぴりSXの方が大きめ。

 見た目はタイヤとフロントライト以外そんなに変わらないように見えるけど、跨ってみるとSXのシート高が835mmで3cm高く、Vストロームくんに跨った時はべったりついていた足が、つま先でしかバランスが取れない。

 同じシリーズの同じ排気量でも、こんな事があるんやなーとビックリ。エンジンをかけよう思ってセルを回しても、SXはクラッチを握りながらやないとかからんかったしね。

スズキ「Vストローム250SX」とクリステル・チアリさん
スズキ「Vストローム250SX」とクリステル・チアリさん

 エンジンかけると力強く音が鳴り響くのは、Vストロームの軽い音に低音が少しプラスされたような音。

 クラッチを緩めるだけで、前に押し出される。

 250㏄やけど、グイッと前に行こうとする力強さで、アクセルを開けるとクイックに反応してくれ、どんどんスピードが乗っていく。

 流れる景色も速度も変わってないはずやのに、音と加速の感覚が違うだけでイケイケに感じる。

 レンタル819東名横浜店の前を走る大きなバイパスを、クルマやトラックの流れに乗ってグイグイと進んでく。面白い!そして楽しい!!

 ハンドルのポジションも高めで体に近いし、座り心地が安定しているから、ステップ位置も足が楽でタンクも細くてニイグリップしやすいし、シートの内側がカクカクしてないから、内腿が痛くなくてどこまでも、この空いている真っ直ぐな道を走っていたい気持ちでいっぱいになりました。

クリステル・チアリさんが試乗したスズキ「Vストローム250SX」
クリステル・チアリさんが試乗したスズキ「Vストローム250SX」

 加速も引っ張った分だけ気持ち良く伸びやかで、そしてアケセルを戻したら瞬時に加速が止まり、急激に減速するのではなく自然にスピードが緩まっていく。

 ブレーキを踏めばその分しっかりと減速してくれて、めっちゃ快適。エンジンとか細かいことはわからないけど、走ってみた感覚で言うと、排気量はSXの方が若干大きいけど、昔乗っていたスズキ「DF200E」の加速や、伸びやかで軽いハンドルの動かしやすさを、体で思い出していた。

 タイヤもオフロード用でゴツゴツしていたけど、街中を走るのにも全然快適で、このVストロームSXもほんまにソレ!めっちゃ快適!

 信号の右左折はちょっとだけバランスに気をつければ、車体が軽い分、曲がるのには不安も無かったし、コーナリングや山道のワインディングもバイクが重くないからシュッシュッと右も左もリズムよく曲がっていけました。

 不得意な下りの左コーナーも、ヘルメットの中で「ウェ〜イ!」って一人で声を出していたくらい楽しかった!

 アドベンチャーやツアラーに何台も乗ってきて、大きいマシンに鍛えられたからか、山道やUターンは克服できているらしい。

 感謝!言うても、また違うタイプに乗らせてもらうと、ワラワラしてまうかもしれないですがクリスさん、Vストロームに完全に魅了されました。

 ノーマルとSX、どっち!??今はココ。

 ほな、またsee you next time!今週末もhave a safe sunny ride!