2023年12月1日から2024年2月29日まで開催されている「まんぷくご褒美丼フェア」は、全6カ所の首都高PAで工夫を凝らしたボリューム満点の丼メニューを提供してます。今回は「川口ハイウェイオアシス」で「すじこんのぼっかけ丼」をいただきました。

見た目からして美味しそう、ご飯がススム「すじこん」の味わい

 2023年12月1日から2024年2月29日まで、首都高6カ所のPA(パーキングエリア)で開催されている「まんぷくご褒美丼フェア」は、各店舗で工夫を凝らしたボリューム満点の丼メニューを提供してます。今回は「川口ハイウェイオアシス(川口PA)」(上りのみ)のオリジナルメニュー「すじこんのぼっかけ丼」(1100円)をいただきました。

首都高「川口ハイウェイオアシス」期間限定メニュー「すじこんのぼっかけ丼」(1100円)は、神戸発祥の「すじこん」と、ネギや玉子の黄身などとの絶妙なハーモニーを味わえる
首都高「川口ハイウェイオアシス」期間限定メニュー「すじこんのぼっかけ丼」(1100円)は、神戸発祥の「すじこん」と、ネギや玉子の黄身などとの絶妙なハーモニーを味わえる

 兵庫県神戸市のソウルフードとも言われている「ぼっかけ丼」は、牛すじ肉とこんにゃくをしょうゆベースで甘辛く煮込んだ「すじこん」を、ご飯に乗せていただくご当地グルメです。圧力鍋やダッチオーブンがあれば自分でも比較的簡単に作れますが、ここはプロの手による完成品を楽しみたいところ。

 出来上がりを見ると、柔らかく煮込まれた牛すじ肉、こんにゃく、長ネギ、ほうれん草、その上に玉子の黄身が乗っています。見た目も綺麗でとても美味しそうです。店員さんに「紅生姜をお好みでどうぞ」と言われ、適量を添えます。

 まずは牛すじ肉やこんにゃくなど、具材だけの味を堪能します。甘辛く濃いめの味でご飯が進みます。ビールのアテにも良さそうな味がたまりません。そして玉子を溶いて絡めるようにいただくと、すき焼きのような風味になりました。

 セットの味噌汁は、具が沈んでいたので気が付きませんでしたが、じつは豚汁でした。ということで牛肉も豚肉も堪能できる食事となりました。

首都高「川口ハイウェイオアシス(川口PA)」(上りのみ)は、2022年にリニューアルされて観光客も多く訪れる人気スポット。トイレも近代的な建物の中にあり快適。屋根が設置された2輪専用の駐車スペースもしっかり確保されている
首都高「川口ハイウェイオアシス(川口PA)」(上りのみ)は、2022年にリニューアルされて観光客も多く訪れる人気スポット。トイレも近代的な建物の中にあり快適。屋根が設置された2輪専用の駐車スペースもしっかり確保されている

 ここまで「平和島PA」の「ピリ辛あんかけカツ丼」、「市川PA」の「はみ出しあなご天丼」、「大黒PA」の「山椒香る大黒みそ焼き鶏丼」をいただきましたが、どれもとても美味しく満足できるものでした。

 残すは「代々木PA」の「ごろっとスパム丼」と「八潮PA」の「かつ丼・スモールちゃんぽんセット」のみ。これらもフェア開催中に味わいたいと思います。