ロイヤルエンフィールドの製品を輸入・販売するピーシーアイ株式会社は、新型モデル「Shotgun 650(ショットガン650)」の導入を2024年8月に行う予定であることを発表しました。

スポーティさを強調した「650cc」プラットフォームの最新モデル

 ロイヤルエンフィールドの製品を輸入・販売するピーシーアイ株式会社は、新型モデル「Shotgun 650(ショットガン650)」の導入を2024年8月に行う予定であることを発表しました。

ロイヤルエンフィールドの最新モデル「ショットガン650」
ロイヤルエンフィールドの最新モデル「ショットガン650」

  2021年に開催されたバイクの見本市「EICMA2021」で公開されたコンセプトモデル「SG650 Concept Motorcycle」の市販バージョン的存在であるショットガン650は、日本へも導入されている排気量648cc空冷4ストローク並列2気筒エンジン搭載のクルーザーモデル「SUPER METEOR 650(スーパーメテオ650)」のバリエーションモデルです。

ロイヤルエンフィールドの最新モデル「ショットガン650」
ロイヤルエンフィールドの最新モデル「ショットガン650」

 スポーティな印象を与えるヘッドライトナセルや短めにデザインされたリアフェンダー、高さを抑えたハンドルの採用によりボバー的なフォルムに仕上げられたショットガン650では、ショーワ製のSFF-BPフロントフォークやリアサスペンション、スーパーメテオより一回り小さい18インチのフロントホイールや、ハイグリップタイヤの選択肢が多い17インチのリアホイールを装備。

 ソロ仕様のバケットシートを標準装備し、容易に脱着可能なキャリアに装着できるタンデムシートを組み合わせることでタンデム走行も可能となっています。

 そのほか、デバイスの充電に最適なUSBポート、調整式レバー、矢印のみで経路を案内するトリッパーナビゲーションを備えたショットガン650。日本での価格が気になるところです。