北条早雲(ほうじょうそううん)、またの名を伊勢新九郎(いせしんくろう)は、出家後は伊勢宗瑞(いせそうずい)を名乗る戦国大名です。1493年10月1日に「伊豆討入り」という、戦国時代の始まりを象徴する事件のひとつを起こした人物が、伊豆の拠点として、また晩年を過ごしたと言われる「韮山城(にらやまじょう)」を、スーパーカブで訪れました。

北条早雲終生の居城は、「落ちない城」として伝えられていた

 歴史ファンなら、その名を聞けば心が昂ぶるかもしれない北条早雲(ほうじょうそううん)は、駿河から伊豆へ侵攻し、その後、小田原を制して関東の覇者となった、後北条家の代表的な武将です。事の発端となる1493年の「伊豆の討入り」では、伊豆の最大勢力「堀越公方(ほりこしくぼう)」のお家騒動の混乱に乗じて制圧したと言われています……が、実際はそう単純な話ではないようです。

スーパーカブで伊豆の国市韮山にある「韮山城跡」へ。近くの重要文化財「江川邸」の無料駐車場にスーパーカブを停めてから散策を開始。この付近には明治の産業遺産「韮山反射炉」や、伊豆に流された源頼朝と北条政子が寄り添う像が置かれた「蛭ヶ島公園」など、見所も多い
スーパーカブで伊豆の国市韮山にある「韮山城跡」へ。近くの重要文化財「江川邸」の無料駐車場にスーパーカブを停めてから散策を開始。この付近には明治の産業遺産「韮山反射炉」や、伊豆に流された源頼朝と北条政子が寄り添う像が置かれた「蛭ヶ島公園」など、見所も多い

 少し調べてみると、堀越公方と呼ばれる人物は将軍足利義政(あしかがよしまさ)の弟、政知(まさとも)で、鎌倉には入れず、伊豆堀越(現在の静岡県田方郡韮山町)を拠点としたため、その名で呼ばれていました。

 政知には3人の男子がいました。長男の茶々丸(ちゃちゃまる)は先妻との子で、次男の潤童子(じゅんどうじ)を後継にしたいと考えた後妻の円満院(えんまんいん)が、茶々丸を些細な罪で牢に入れてしまいました。

 しかし1491年に政知が病死すると、茶々丸は混乱に乗じて脱獄し、円満院と潤童子を殺害して自らが2代目の堀越公方になることを宣言するのです。

 そして1493年、早雲の「伊豆の討入り」が起きるわけですが、この年にもうひとつの大きな事件が勃発していました。それが「明応の政変」です。

 これは官僚の細川政元(ほそかわまさもと)によるクーデターで、不仲だった10代将軍の足利義稙(あしかがよしたね)を追放し、11代足利義澄(あしかがよしずみ)を擁立した事件です。

 そして義澄は、じつは初代堀越公方である足利政知の子でした(茶々丸の弟で潤童子の兄)。義澄は京都で出家していた身だったため、茶々丸に殺されずに済んだのです。将軍となった義澄は、当然ながら実の母と弟を殺した茶々丸を許すわけにはいきません。

「韮山城」の本丸に向かう道へ。この地点で、すでに正面の高台から弓矢鉄砲で狙われている……と感じた
「韮山城」の本丸に向かう道へ。この地点で、すでに正面の高台から弓矢鉄砲で狙われている……と感じた

 さて、そこで早雲の動きに繋がるのですが、早雲という人物は甥である今川氏親(いまがわうじちか)の家督争いに協力しており、駿河国に領土を得ていました。

 早雲も今川氏親も官僚の細川政元と親密であったため、幕府に協力して今川勢の先鋒、総大将として堀越公方(茶々丸)を攻めるため、伊豆へ侵攻したというわけです。これが1493年、早雲38歳の時の「伊豆の討入り」です。

「韮山城(にらやまじょう)」は、早雲の伊豆の拠点となった城です。早雲により伊豆を追放された茶々丸は、その後反撃し、戦闘は続いたと言われていますが、1498年に甲斐国で自害という結末を迎えています。

北条早雲が創建したとされる「熊野神社」(韮山城守護神社)では「落ちない城」とデザインされた絵馬を販売中。勝利に通ずるご利益を感じさせる
北条早雲が創建したとされる「熊野神社」(韮山城守護神社)では「落ちない城」とデザインされた絵馬を販売中。勝利に通ずるご利益を感じさせる

 今回スーパーカブで訪れた伊豆の国市「韮山城跡」に設置された解説板によると、早雲によって本格的に築城され、約100年に渡って存続した中世城廓で、1519年に早雲が没したのもこの地だとのこと。

 その後、2代目の北条氏綱(うじつな)の時代に小田原に拠点を移しますが、この「韮山城」も領国支配と防衛の重要拠点でした。1590年の豊臣秀吉による「小田原攻め」の際は、4万を超える大軍勢に包囲されながらも約3カ月持ちこたえたと言います(最終的には小田原城と共に開城)。

 1601年に廃城となりましたが、曲輪(くるわ)や堀、土塁などの保存状態も良好で散策しながら見ることができます。現在の県立韮山高校となっている平地は、かつては平時の居館があったそうです。

高台に上がると本丸があった。地元の方の誇りを感じさせるのぼり旗が何本も立っていた
高台に上がると本丸があった。地元の方の誇りを感じさせるのぼり旗が何本も立っていた

 本丸へ向かう途中、城の麓には早雲が戦国時代に創建したとされる「熊野神社」(韮山城守護神社)があります。そこには「落ちない城」の絵馬が掛けられていました。勝負に勝とうとする人たちの願いが込められているようです。

「韮山城跡」は、まさに戦国時代到来を告げた、早雲の魂を感じさせる山城でした。