日頃バイクに乗っているときの悩みのタネとして、「荷物をあまり積めないこと」を挙げるライダーも多いはず。しかし、「リアボックス」を取り付けることでその悩みが解決されると言います。

リアボックスを取り付けるとどんなメリットがある?

 日頃バイクに乗っているときの悩みのタネといえば、「荷物をあまり積めないこと」を挙げるライダーも多いでしょう。通勤通学や買い物をはじめ、ツーリングのときなど、荷物をバイクに積むシチュエーションは結構多いものです。

 そんなライダーの悩みを解決するのが「リアボックス」を取り付けるという方法。リアボックスがあるだけでバイクに荷物を積み込む問題が一気に解消するだけでなく、さまざまメリットがあるので快適なバイクライフを送ることができます。

リアボックスとは、バイクのリアキャリアまたはタンデムシートに取り付ける収納ボックスのこと
リアボックスとは、バイクのリアキャリアまたはタンデムシートに取り付ける収納ボックスのこと

 リアボックスとは、バイクのリアキャリアまたはタンデムシートに取り付ける収納ボックスのこと。各メーカーから、さまざまな大きさや形のバイク用リアボックスが販売されていて、目的や用途に合わせて選ぶことができます。

 バイクの荷物を積むにはリアキャリアに載せる方法もあります、荷物を収納して完全に見えなくなるリアボックスとは違い、リアキャリアは荷物をむき出しのままロープなどで括りつけて固定するのが特徴です。荷物を載せないときは荷台の上がフラットな状態になるので、バイクの見た目をスッキリ見せることができます。

 スクータータイプは標準で装備されているモデルも多く、「スーパーカブシリーズ」のようなビジネスバイクには大型の本格的なリアキャリアが搭載されています。リアキャリアは各メーカーからオプションパーツとして販売されているので、ネイキッドモデルのようなバイクでも取り付け可能です。

 では、バイクにリアボックスを取り付けると、どのようなメリットがあるのでしょうか、

 まずひとつ目のメリットとして、簡単に荷物を積むことができる点が挙げられます。リアボックスの蓋を開けて荷物をそのまま入れるだけなので、リアキャリアのようにロープで縛ったり、積み込むときのバランスを考えたりしなくて済み、時間も節約できます。

 また蓋をして収納するので、リアキャリアのように走行中の振動で荷物がズレたりローブが緩んで荷物が落下したりという心配もありません。蓋があるため、雨で荷物が濡れてしまうようなこともほぼないので雨天時でも安心して走行できます。

 また、ほとんどのリアボックスは鍵をかけられるようになっているなど、防犯性が高いのもメリットのひとつ。バイクから離れるときに、盗難に備えてヘルメットや貴重品を持ち歩く必要がなくなるので、出先で身軽に買い物や観光が楽しめます。

 そのほか、バイクに乗るときに必要な物を常に積んでおけるのもメリット。たとえばヘルメットやグローブ以外にも、レインコートや工具セット、防寒着など、いざというときに活躍するアイテムを常に積んでおくことができます。

リアボックスには、さまざまな形や大きさがある
リアボックスには、さまざまな形や大きさがある

 リアボックスには、さまざまな形や大きさがあります。ヘルメットとちょっとした小物が入ればOKという人は、30L程度の容量で十分かもしれません。一方で、ヘルメットにプラスしていろいろ積みたい、タンデム走行よくするのでヘルメットを2個入れたい、という人の場合、45L以上ある大容量サイズのリアボックスを選ぶのがベターです。ただし、金属製ということで重くなるのが難点と言えます。

 ちなみにリアボックスの材質には、合成樹脂製のものやアルミニウム合金などの金属製のものがあります。樹脂製のリアボックスは、軽量で比較的安価に購入できるのが利点。金属製のリアボックスは少し重くなりますが、防水性や防塵性が優れており、雨やホコリから大切な荷物をしっかりガードできます。

 リアボックスを取り付ける際は、リアキャリアに装着するのが一般的です。その際に注意したいのがリアボックスのサイズで、バイクに装着できればなんでもよいというわけではありません。バイクのリアキャリに積む荷物のサイズは道路交通法で定められているため、規定値の範囲内に収まるようにリアボックスを装着する必要があります。

 道路交通法では、リアキャリアから後ろ30cm、左右15cm以内に収まるようにして、高さは地面から2m以内と決められています。また、テールランプやウインカー、ナンバープレートなどが隠れてしまうのも禁止されているので、それらを考慮して取り付けなければなりません。規定を守らないで取り付けると、後続車からランプ類が見えづらくなり事故の原因になることがあるので必ず守りましょう。

リアボックスを取り付けると、バイクによっては乗り降りがしづらくなることがある
リアボックスを取り付けると、バイクによっては乗り降りがしづらくなることがある

 なお、リアボックスを取り付けると、バイクによっては乗り降りがしづらくなることがあります。スクータータイプであれば影響は少ないですが、ネイキッドやスポーツタイプなどの足を後ろに振り上げて乗るバイクだと、リアボックスがあると邪魔に感じるかもしれません。

 さらに、取り付けることによって風の抵抗を受けやすくなります。強風が吹くなか走行すると、横風を受けやすくなり怖いと感じる人もいるかもしれません。とくに車体が軽い小型バイクはただでさえ風にあおられやすいので、リアボックスを取り付けた際は十分注意して運転する必要がありそうです。

※ ※ ※ 

 リアボックスを取り付けることで荷物をたくさん積めるようになり、できることが増えてバイクライフがより快適になります。デメリットもあるものの、今まで取り付けを迷っていた人は、この機会にリアボックスを手に入れて愛車の可能性を広げてみるのもよいかもしれません。