ホンダ「VF750マグナ」(1982年発売)は、V型4気筒エンジンを搭載する新たなアメリカン・カスタムとして新登場しました。堂々としたスタイルとスポーツバイク並みの高性能を備え、アメリカを拠点にホンダの若いスタッフ達が生み出した、近未来への答えでした。

高性能クルーザーという未来を切り開いた

 2輪史上世界初の水冷90度V型4気筒エンジンを搭載したホンダ「VF750」シリーズが発売されたのは1982年4月でした。高級ロードスポーツ車の「VF750 SABRE(セイバー)」と、アメリカンスタイルの「VF750 MAGNA(マグナ)」の2台が同時発表・発売となり、同年12月にはスーパースポーツモデルの「VF750F」も発売されます。

ホンダ「VF750マグナ」(1982年型)は、バイクで世界初の水冷90度V型4気筒エンジン、油圧式クラッチの採用やスイングアーム内蔵のシャフトドライブなど、独創のメカトロニクスを搭載していた
ホンダ「VF750マグナ」(1982年型)は、バイクで世界初の水冷90度V型4気筒エンジン、油圧式クラッチの採用やスイングアーム内蔵のシャフトドライブなど、独創のメカトロニクスを搭載していた

「VF750」シリーズの発売から遡る事13年前、世界を驚かせた「CB750 FOUR(フォア)」の並列4気筒エンジンでしたが、日本の各バイクメーカーも次々と4気筒エンジン搭載車を発売し、ホンダはDOHC16バルブの4気筒エンジン搭載車を市場に送り込みますが、他車と大きな差別化ができませんでした。

 さらに海外向けには並列6気筒エンジンの「CBX」を発売しますが、他社から水冷の6気筒エンジンが登場します。この時期、ホンダは4輪車事業に注力しており、大型バイクの市場で決定的なアドバンテージを築けなかったと言われています。

 さて、現在でもホンダが生産する大型バイクの約3割は北米市場に輸出されています。その北米のユーザーにバイクを販売する現地法人が、アメリカンホンダです。彼らが「アメリカ人が欲しがる大型バイクを作って欲しい」というのは当然の要求です。

 そこで、アメリカ人が好むV型エンジンと、新時代の高性能4気筒エンジンが組み合わされて、他メーカーには真似できないV4エンジンが開発されました。

 ホンダ初のV型エンジンは、4輪のF1エンジン用に開発されたV型12気筒でした。2輪の世界GPにも「NR500」が楕円ピストンのV4エンジンで出場しています。V型はホンダが得意とするエンジン形式で、その歴史と技術が市販車に結実したのが「VF750」シリーズだったのです。

意外とスリムな燃料タンク。高く手前に寄せられたハンドルバーはゆったりとしたポジションを形成し、左右に並ぶ2つの丸形メーターは大きく、視認しやすいよう角度をつけて設置している
意外とスリムな燃料タンク。高く手前に寄せられたハンドルバーはゆったりとしたポジションを形成し、左右に並ぶ2つの丸形メーターは大きく、視認しやすいよう角度をつけて設置している

「VF750」のエンジンはDOHCを採用し、1気筒あたり4バルブ、計16バルブです。Vアングルは一次振動を理論上「ゼロ」とする90度で、横から見ると「V」とも「L」とも言えない微妙な角度で搭載されています。

 キャブレターはフロート室に工夫を凝らした世界初のスラント型CV4連タイプで、エアクリーナーボックスも含め、Vバンクの間に綺麗に収まっています。

 水冷システムにより安定した冷却が可能になり、圧縮比は10.5を実現しています。72psの高出力と信頼性の向上、さらにメカノイズも抑えられていました。しかもエンジン全体がコンパクトなので、750ccクラスのエンジンの中では最も軽量でした。

 5速+オーバードライブのミッションは、高速道路等で回転数を抑えられる20%ワイドなトップギアになっています。またエンジンはフレームへの2次振動を消すために6カ所のラバーマウントで搭載され、徹底した振動低減対策が施されました。

まだほとんどの「ナナハン」(750ccクラスのバイク)が空冷だった時代に、ホンダは水冷の90度V型4気筒エンジン搭載車を市販し、その技術力を見せつけた
まだほとんどの「ナナハン」(750ccクラスのバイク)が空冷だった時代に、ホンダは水冷の90度V型4気筒エンジン搭載車を市販し、その技術力を見せつけた

 当時「アメリカン」と呼ばれたクルーザースタイルの日本車は、1970年代終盤から数多く登場しました。その中でも「VF750マグナ」は、迫力あるスタイリングと高性能なV4エンジンで注目を集めました。

 コンパクトなのに車体からハミ出さんばかりに主張してくるV4エンジンは、並列4気筒には無いボリューム感があり、車体全体の雄々しい佇まい、アルミパーツが醸し出すメカ感が、独特の存在感を引き立てています。

 そのスタイルを形成するのに効果的なのが、小さく見えるティアドロップ型の燃料タンクです。シート下にも電磁ポンプを使用するサブタンクを備え、ロングツーリングでもゆとりある計14L容量を確保しています。

「VF750マグナ」は国内でも販売されましたが、主な市場は北米で、兄弟車の「V65マグナ」(排気量1100cc)も販売されていました。

シーシーバー風のアルミ製リアグリップ。リアシート後部には小物入れが備わっている
シーシーバー風のアルミ製リアグリップ。リアシート後部には小物入れが備わっている

 国内では「VF750マグナ」の後継機種として、1987年に「V45マグナ」(排気量748cc)が発売されましたが、やがて大型クルーザーはVツインエンジンが主流となります。

 その後、ホンダのV4エンジンはサーキットで大活躍し、ツーリングモデルにも採用され、多くのユーザーに独特のエンジンフィーリングを提供しました。

 ホンダ「VF750マグナ」(1982年型)の当時の販売価格は、67万円です。

■ホンダ「VF750 MAGNA」(1982年型)主要諸元
エンジン種類:水冷4ストロークV型4気筒DOHC4バルブ
総排気量:748cc
最高出力:72PS/9500rpm
最大トルク:6.1kg-m/7500rpm
全長×全幅×全高:2235×815×1195mm
始動方式:セルフ式
シート高:725mm
車両重量:236kg
燃料タンク容量:メイン9.5+サブ4.5L
フレーム形式:ダブルクレードル
タイヤサイズ(F):110/90-18 61 H
タイヤサイズ(R):130/90-16 67 H

【取材協力】
ホンダコレクションホール(栃木県/モビリティリゾートもてぎ内)