ホンダは、「CBR1000RR-R FIREBLADE」「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」の2024年モデルを3月1日に発売します。

進化したフラッグシップモデル

 ホンダは、大型スーパースポーツモデル「CBR1000RR-R FIREBLADE」「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」の2024年モデルを3月1日に発売します。

ホンダ「CBR1000RR FIREBLADE SP」2024年モデル
ホンダ「CBR1000RR FIREBLADE SP」2024年モデル

 CBR1000RR-R FIREBLADEは、高出力かつ、高いコントロール性能を有する出力特性のパワーユニットと、操縦性を追求した車体パッケージングを組み合わせ、スポーツライディングをサポートする先進の電子制御技術などを採用した「CBR」シリーズの最上位モデルです。

ホンダ「CBR1000RR FIREBLADE」2024年モデル
ホンダ「CBR1000RR FIREBLADE」2024年モデル

 2024年モデルのCBR1000RR FIREBLADEとSPバージョンでは、搭載される排気量999cc水冷並列4気筒エンジンの圧縮比を13.4から13.6に高めると共に、カムシャフトのバルブタイミングおよびリフト量の変更することで中速域の加速性能を向上。

 ホンダ製二輪車初の2モーター式スロットルバイワイヤ(TBW)を採用することで2気筒ごとの独立制御を実現し、加速時のスロットルグリップ低開度域のコントロール性や、減速時のエンジンブレーキ効力増加など扱いやすさが高められています。

 また、2024年モデルではフレームボディーの構成部品を新設計することで軽量化と剛性バランスの最適化を図ることで、より自由度の高いハンドリング性能を実現。

 レースで培った技術をフィードバックした親設計のウイングレット、ミドルカウル、アンダーカウルを採用することで空力性能も向上しています。

 なお、上位グレードのCBR1000RR FIREBLADE SPでは、CBR1000RR-R FIREBLADEをベースに、ÖHLINS(オーリンズ)製の電子制御サスペンションのほか、Brembo(ブレンボ)製のフロントブレーキキャリパーを装備するなど、足まわりを専用化。

 より素早いシフトチェンジ操作を可能とするクイックシフターも標準装備されています。

 CBR1000RR-R FIREBLADEにおいてはグランプリレッド、SPグレードではグランプリレッドに加えマットパールモリオンブラックも用意された2024年モデルの価格(以下、消費税10%込)は、CBR1000RR-R FIREBLADEが248万6000円、SPグレードは284万9000となっています。