ヤマハは、原付二種モデル「JOG125」の2024年モデルを3月19日に発売します。

鮮やかな2色の新色を採用

 ヤマハは、原付二種モデル「JOG125(ジョグ125)」の2024年モデルを3月19日に発売します。

ヤマハ「JOG125」2024年モデル
ヤマハ「JOG125」2024年モデル

 2022年11月に国内発売されたJOG125は、ヤマハ製125ccスクータートップの低燃費51.9km/L(WMTCモード値)とスムーズな加速を両立したBLUE COREエンジンを搭載する原付二種のスタンダードモデルです。

ヤマハ「JOG125」2024年モデル
ヤマハ「JOG125」2024年モデル

 95kgの軽量ボディに735mmの低シート高と、軽量コンパクトで足つき性の良さを兼ね備えたJOG125は、実用的かつコストパフォーマンスにも優れたモデルで、通勤など日常の移動手段として幅広いユーザーから支持を得ています。

 2024年モデルでは軽快感のある爽やかなライトブルーと、コンパクトでキビキビ走る様子を表現したレッドを新たにラインナップ。継続色のホワイトとブラックとあわせて全4色展開とされています。

 JOG125最新モデルの価格(消費税10%込)は26万4000円となっています。