ヨシムラジャパンは、3月22日から24日にかけて開催された東京モーターサイクルショーでスズキ「キャリィ」のカスタム車を展示しました。

軽トラをスポーティにカスタム

 ヨシムラジャパンは、3月22日から24日にかけて開催された東京モーターサイクルショーでスズキ「キャリィ」のカスタム車を展示しました。

ヨシムラによるスズキ「キャリィ」カスタム
ヨシムラによるスズキ「キャリィ」カスタム

 1954年に吉村秀雄(ポップ吉村)氏によって創業されたヨシムラ(ヨシムラモータースとして創業)は、創業当時より2輪、4輪レースに参戦し、そこで培った技術力を注ぎ込んだ高性能アフターパーツの開発・販売を行うメーカーです。

ヨシムラによるスズキ「キャリィ」カスタムに装着されたwedsとのコラボホイール「ヨシムラWRS Seven」
ヨシムラによるスズキ「キャリィ」カスタムに装着されたwedsとのコラボホイール「ヨシムラWRS Seven」

 2024年で創業70周年を迎えたヨシムラは、今シーズンも「ヨシムラSERT Motul」として世界耐久ロードレース選手権(EWC)に参戦するなど、挑戦を続けています。

 東京モーターサイクルショーに展示されたキャリィ・カスタムは、スーパーGT500に参戦するホイールメーカーのweds(ウェッズ)とのコラボパーツが装着された車両で、中でも目玉となるのがコラボ第一弾製品「ヨシムラWRS Seven」と名付けられた軽量なアルミホイール。

 AMF(アドバンスド・メタル・フォーミング)製法を用いることで、デザインの自由度を保ちながら高い強度と大幅な軽量化が実現されています。

ヨシムラによるスズキ「キャリィ」カスタムに装着されたSlip-On Ovalサイクロン
ヨシムラによるスズキ「キャリィ」カスタムに装着されたSlip-On Ovalサイクロン

 また、同車両ではヨシムラ・スタッフいわく「一番の売れ線」というキャリィ用Slip-On Ovalサイクロンも装着。ヨシムラの刺繍が入ったシートカバーやフロアマット、ハードカーゴ製ゲート、スキッドグリルも装備されています。

ヨシムラによるスズキ「キャリィ」とともに公開されたホンダ「モンキー125」カスタム
ヨシムラによるスズキ「キャリィ」とともに公開されたホンダ「モンキー125」カスタム

 なお、荷台に搭載されたホンダ「モンキー125」カスタムは、二輪車で世界初の集合管を装着したクラウスホンダCB750K0レーサー(1972年アメリカンホンダのディーラー、ロニー・クラウスの依頼で、RSCのパーツ供給担当のヨシムラ・レーシングが製作したマシン)をオマージュした車両で、CB750をモチーフにしたカラーグラフィックを採用。

二輪車で世界初の集合管を装着したクラウスホンダCB750K0レーサー
二輪車で世界初の集合管を装着したクラウスホンダCB750K0レーサー

 集合管を彷彿させるサイレンサー部を備えたストレートサイクロンなどの装着によりスポーティな仕上がりとされています。

 なお、ヨシムラWRS Seven の価格(消費税10%込)は3万8500円で、2024年春に発売予定です(サイズ:14インチ×4.5J/インセット:45/ホール:4/P.C.D:100/重量:4.6kg)。