漫画やドラマでよく見かける、バイクの二人乗り行為(タンデム走行)。ただし、タンデム走行をするためには、定められている条件をクリアする必要があります。規則や準備物など、どのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。

いざタンデム走行!守るべき条件や、気をつけることってなに?

 よく、漫画やドラマで目にするバイクの二人乗り(以下、タンデム走行)。バイクの免許を取得した際に、「タンデム走行をしてみたい!」と思った方や、免許を取得していなくても「一度はバイクの後ろに乗ってみたい!」と憧れた経験のある方も多いのではないでしょうか。

バイクのタンデム走行は、運転手が普通二輪免許の取得から1年経過し、普通二輪免許と大型二輪免許の通算で1年以上経過している場合に限られている
バイクのタンデム走行は、運転手が普通二輪免許の取得から1年経過し、普通二輪免許と大型二輪免許の通算で1年以上経過している場合に限られている

 現在、バイクのタンデム走行は原則として、運転手が普通二輪免許の取得から1年経過している、あるいは普通二輪免許と大型二輪免許の通算で1年以上経過している場合に、可能となっています。

 また定員は二名と記載されている場合のみタンデム走行ができ、50cc以下のバイクでのタンデム走行は不可となっています。他にも、後ろに座席がついていることなど、同乗するための乗車装備を備えていることが義務となっています。

 では実際にタンデム走行をする際は、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

 高速道路では一般道と違い、タンデム走行のできる条件が異なっています。51cc以上125cc以下の原付二種のタンデム走行は可能(高速道路でのタンデムは不可)となっていますが、「年齢20歳未満の方」「大型二輪免許または普通二輪免許を受けた期間が3年未満の方」は、一般道でも走行ができないと定められています。

 また、全ての道路で走行が可能とされているわけではなく、規制されている区間もある点には注意が必要です。たとえば「大型自動二輪車及び普通自動二輪車」「タンデム走行通行禁止標識」の標識があった場合、条件を満たしていたとしても、タンデム走行の通行は禁止となっています。特に首都高速道路は、タンデム走行禁止のエリアが細かく別れているため、事前に確認をしておくと安心かもしれません。

同乗者は、ステップに足がつかない場合は乗車不可となっている
同乗者は、ステップに足がつかない場合は乗車不可となっている

さらに同乗者においても、守るべきルールが存在しています。年齢制限や免許の有無は規定されていないため、誰でも乗車が可能に思われますが、ステップに足がつかない場合は乗車不可となっています。特に子どもを乗車させる際には、足がついているか否かをしっかりと確認する必要があります。

 そして必ず守らなければならないのは、ヘルメット装着について。運転者はもちろんのこと、同乗者もヘルメットを被る必要があり、着用の無い場合は走行不可です。

 ちなみに服装に関しての規定はありませんが、思わぬ事故が起こりうる場合もあるため、肌の露出を控えるとなお安心です。また転倒した際に地面と擦れて怪我をしたり、火傷を負うこともあるため、なるべく安全性の高い服や靴を着用するとよいでしょう。

 特に女性は、タイヤなどに巻き込まれる可能性のあるロングスカートや、ヒールの高い靴を避けるように心がけておくと安心です。

 そして乗車時は転倒のリスクを考慮し、乗る際は運転者が先に乗車、降りる際は同乗者から降車することが推奨されています。

 また声かけをおこなうなど、できるだけ意思疎通のとれる環境を作ることも、安全性を高めるポイントと言えるでしょう。走行中は声が通らない場合が多いので、お互いの合図を決めておくと、よりスムーズにコミュニケーションをとりやすくなります。

同乗者は運転者の動きにできるだけ合わせて走行の妨げにならないようにする
同乗者は運転者の動きにできるだけ合わせて走行の妨げにならないようにする

 走行時はバランスを崩しやすくなるため、加速・減速時には1人のとき以上に注意が必要です。加えて、急ブレーキや急カーブなどを避けるだけでなく、同乗者が運転者の動きにできるだけ合わせて走行の妨げにならないようにすることも、転倒や事故のリスクを下げることに繋がります。

※ ※ ※

 タンデム走行で走行する際には、一人乗りのとき以上に求められることが多くなります。規則を守ることはもちろん、走行時の安全性を高めるために、運転者と同乗者お互いの協力が不可欠になります。運転をしなくとも、乗車する際の規則の確認や、準備をおこなう事が重要です。