バイクの免許を取得して愛車を手に入れると気になるのが、サイドスタンドを払うタイミングについて。一般的に、教習所ではバイクに跨る前に払うものと学びますが、SNSなどを見ていると跨った後に払う人も多いようです。いったいどちらが正しいのでしょうか。

サイドスタンドを払うタイミングはいつ?

 バイクの免許を取得して愛車を手に入れると気になるのが、サイドスタンドを払うタイミングについて。教習所ではバイクに跨る前にサイドスタンドを払うよう指導されますが、いったいなぜ「跨る前」と言われているのでしょうか。

教習所ではバイクに跨る前にサイドスタンドを払うように指導される
教習所ではバイクに跨る前にサイドスタンドを払うように指導される

 教習所でバイクに跨る前にサイドスタンドを払うように指導される理由は数多くありますが、その中で最も重要視されている理由は、サイドスタンドの払い忘れによる発進を防ぐためであると言われています。

 万が一サイドスタンドを払い忘れて発進してしまうと、左折した際に必ずと言ってよいほどサイドスタンドが路面にぶつかり、バイクがふらついてしまいます。最悪の場合は転倒してしまうこともあり、非常に危険です。

 しかし近年のバイクは、エンジンをかけた状態でサイドスタンドを立てるとエンジンが止まってしまう車種が多く存在します。つまり、サイドスタンドを出したまま発進することはできないバイクが多いということになります。

 ただし、古いバイクや少数の輸入車などの一部車種にはエンジンが止まる機能はついていないため、危険な場面を確実に回避するためにサイドスタンドを払ってから乗車するように教習所では指導しているそうです。

跨る前にサイドスタンドを払うよう教習所で指導される理由は、払い忘れ発進の回避だけではない
跨る前にサイドスタンドを払うよう教習所で指導される理由は、払い忘れ発進の回避だけではない

 また、跨る前にサイドスタンドを払うよう指導される理由は、払い忘れ発進の回避だけではありません。またがった後にサイドスタンドを払うと、払うことに意識が集中してしまい、バイクを右側に傾けすぎてしまう可能性が高くなって、立ちゴケをしてしまう恐れが出てきます。

 倒れたバイクに挟まれて怪我をしないように、サイドスタンドは跨る前にしているという理由もあるようです。

 ちなみに、サイドスタンドを立てていないバイクを保持する練習も兼ねているとのことですが、教習所で教えてもらうサイドスタンドを払うタイミングは法律で定められているわけではないようなので、払うタイミングは自由と言えます。

実際のところ、みんなはどうしてる?

 背の低い人は、跨ってからサイドスタンドを払うことが難しい場合もあるため、跨る前にサイドスタンドを払う選択をする人もいます。しかし実際にはバイクを保持しながら足を上げることが不安な人が多く、バイクに跨ってからサイドスタンドを払うようにしている人が多いようです。

 ただし、バイクを止めている場所によっては、バイクに跨る前にサイドスタンドを払う方が安全なこともあるので、状況に合わせて転倒リスクが少ないと思える方を選択するとよいでしょう。

サイドスタンドを払う際は状況に合わせて転倒リスクが少ないと思える方を選択するとよい
サイドスタンドを払う際は状況に合わせて転倒リスクが少ないと思える方を選択するとよい

 ちなみに教習所では、スタンドを立てる際もバイクを降りてから、と指導されると言います。こちらもサイドスタンドを払う時同様に、安全のためやバイクを保持することの訓練を兼ねているだけでなく、降りてからスタンドを立てると、サイドスタンドを立てても大丈夫な状態であるかなどの状況確認がしやすいという理由もあるようです。

 また、サイドスタンドを立てる場所に石や穴などがあればバイクが不安定になるので、バイクから降りてしっかりと確認した上で、停車するという目的のもと指導しているとのこと。

 しかしサイドスタンドを払う時同様、降りてからサイドスタンドを立てるとバイクを保持しながらの動作となるので、不安に思う人も多いのではないでしょうか。

 サイドスタンドを立てるタイミングも自由であるため、跨ったままサイドスタンドを立てる場合は、サイドスタンドが地面につくまでそっとバイクを傾けて、バイクが安定して立っていることを確認してからバイクを降りる必要があります。

※ ※ ※

 サイドスタンドを払ったり立てたりするタイミングは、教習所ではバイクに跨る前や降りてからと習いますが、実際に操作しやすいと感じるのは跨ったまま操作をするというライダーが多いようです。

 サイドスタンドを操作するタイミングは、法律で定められているわけではないので、不安がなく安全に操作できるタイミングで操作をして問題ないでしょう。