125ccバイクは、しばしば「通勤最強」のバイクと呼ばれることがあります。そのように呼ばれる背景にはどのような理由があるのでしょうか。

125ccが通勤「最強」!?なぜそう呼ばれるのか

「通勤や通学に使うなら、125ccのバイクがちょうどいい」という意見を耳にしたことのある人は多いのではないでしょうか。原付から大型バイク、さらにはクルマ等、さまざまな選択肢がある中で、125ccのバイクは多くの人からの支持を集めています。

 通勤の足としてのバイクに求められるのは良好なコストパフォーマンス。費用はできるだけ安く、それでいて申し分ない性能を発揮することが求められます。

 125ccが支持を集めるのは、費用と性能のバランスが非常に優れているからだと言えます。

 まず費用面に着目した時、125ccバイクにとって大きなメリットとなるのは任意保険料の安さでしょう。125ccのバイクは、道路運送車両法では原付二種とされており、任意保険に入る際はファミリーバイク特約の使用が可能。

 ファミリーバイク特約は、自動車保険に付帯することのできる特約で、バイク用の任意保険に加入するよりも安いことがほとんど。原付一種、原付二種を対象としており、125ccを超えるバイクは対象外となっています。

スズキ「アドレス125」の燃費は53.8km/L(WMTCモード値)
スズキ「アドレス125」の燃費は53.8km/L(WMTCモード値)

 また、燃費の良さも費用面での大きなメリット。125ccのバイクの中には50ccのバイクと比べても遜色ない燃費を誇るモデルもあり、クルマや大きなバイクと比べてガソリン代を大幅に節約することが可能です。例えばスズキ「アドレス125」の燃費は53.8km/L(WMTCモード値)。通勤距離を片道10キロ、ガソリン価格を160円/Lと仮定すると、往復に必要なガソリン代は一回あたりわずか60円。1ヶ月に20回出勤しても、ガソリン代は1200円です。

 燃費が20km/Lのクルマのガソリン代を同様の条件で計算した場合、往復に必要なガソリン代は160円、1ヶ月のガソリン代は3200円です。

 また、バイクの本体価格は排気量に比例して高くなっていきます。中型以上のバイクと比べた時、車体価格が安いことも125ccバイクのメリットであると言えるでしょう。

中型大型よりも便利な一面も!?性能面でも申し分なし!

 費用面では非常に優れた125ccバイクですが、性能面はどうでしょうか。

 125ccのバイクは自動車専用道路、高速道路は走れないものの、50ccの原付と違って一般道では他のクルマやバイクと同じ速度で走行することが可能。車体の設計上の最高速度は100キロ以上であり、法定速度内であればかなり余裕を持った走りを楽しむことができます。

現在国内メーカーが新車販売している125ccバイクは、全て単気筒エンジンを採用している
現在国内メーカーが新車販売している125ccバイクは、全て単気筒エンジンを採用している

 現在国内メーカーが新車販売している125ccバイクは、全て単気筒エンジンを採用しています。単気筒特有の低速トルクを生かしたスタートダッシュの加速力は必要にして十分。中型以上のバイクと比べた時、数値上の性能は劣るものの、街乗りレベルで不便さを感じることはないでしょう。

 また、125ccバイク、特にスクーターは軽いことでも有名。例えばヤマハ「アクシスZ」の重量は100kg。150kg近くになる中型バイクや、200キロ超えが当たり前の大型バイクと比べると軽さが際立ちます。

 軽くてコンパクトな車体は、狭い道を走る際や、スペースの大きくない駐輪場にバイクを停める際に役立ちます。その点では中型、大型のバイクよりも高い利便性を発揮すると言えるでしょう。

※ ※ ※

 通勤最強と名高い125ccバイクと言えど、冬の雪国や、雨の多い地域での通勤にも適しているとは言い難いでしょう。しかしその他の多くの場所では非常に優れたカテゴリのバイクであるのは事実。

 通勤経路の事情をしっかり把握した上で乗れば、最強の通勤マシンとなるでしょう。