女優、モデルなどマルチで活躍する北向珠タさんは、プライベートでも乗っているというバイク好き。もっとバイクを勉強するため試乗に挑戦! 今回はアドベンチャースタイルがカッコいい、ホンダの軽二輪スクーター「ADV160」に試乗してみました。

アドベンチャースタイルのスポーツスクーター!

 こんにちは! 北向珠夕です!

 最近は色々なバイクに乗らせていただいたり、初めて東京モーターサイクルショーを見に行ったりと、なんだかバイクに囲まれてる日々で幸せです!

 この前、久しぶりに雨の中をバイクで走りました。雨が降って、もうどうにもならない状態で、雨宿りをすることもなく、自分で自分を追い込む感じが…なんともたまらないですね(笑)。

 その後、家に帰ってあったかいお風呂に入って「ふぃぃ〜」って言うまでがセットです(笑)。できれば雨には降られたくないですが、降っちゃったもんはもう楽しむしかないです。みなさんも風邪には気をつけてバイクライフ楽しみましょうね〜。



 ということで、今回はホンダの軽二輪スクーター「ADV160」を試乗させていただきました!

アドベンチャースタイルの軽二輪スクーター「ADV160」に試乗します
アドベンチャースタイルの軽二輪スクーター「ADV160」に試乗します

「ADV160」はオンロードとオフロードの特徴を併せ持ったアドベンチャースタイルのスポーツスクーター。排気量160ccの軽二輪クラスです。

 スクーターには普段本当に乗る機会がなくて、こういったお仕事でしか乗ったことがなく、実はちょっと乗るのがまだ怖い印象があります…。

 オートマチックで足を動かさないのに違和感があって、操作にあまり慣れていないんです。それにニーグリップができない…というのがちょっと怖くて、なんだかんだで1番緊張するかもしれません。

 キンチョーでドキドキですが、実際に乗ってみるのが楽しみです!

イメージしていたスクーターと違う!! シートの安定感で不安払拭!

 ADV160の見た目は、本当に160ccなの? ってくらいに大きく感じました。私の中でスクーターはもう少しコンパクトなイメージでした。

 シートの部分が少し盛り上がっていて立体的。前の方がスリムになっています。足が楽そうだなって思いました。

シートの部分が少し盛り上がっていて立体的、前の方がスリムになっているのも特徴
シートの部分が少し盛り上がっていて立体的、前の方がスリムになっているのも特徴

 カラーバリエーションはマットダリアレッドメタリック(赤)、パールスモーキーグレー(グレー)、マットガンパウダーブラックメタリック(黒)に新色のパールボスポラスブルー(青)を合わせた全4色。私が乗るのは色も落ち着いたパールスモーキーグレーで、乗りやすそうだなという印象です。

 いざ、またがってみると、足がとっても落ち着く! 太ももにフィットする立体的なシートのおかげで不安だったニーグリップができちゃいました!

 私がイメージしていたスクーターとは違って、足の置き場(ステップボード)のところにタンクがあったので、それを挟むようにして乗ると、とっても安定しました!

シート高は780mm、身長170cmの私で足着き性も充分によい
シート高は780mm、身長170cmの私で足着き性も充分によい

 身長170cmの私で780mmのシート高は足着きも充分によかったし、何より車体が軽かったです! コレはよっぽどのことがないと倒すことはなさそうです!

しっかり踏ん張れて一体感バッチリ! 乗り回すのにもってこい!!

 さっそく走り始めてみようとすると…なんとキーがない! でも走れる? どういうことだ? とあたふたしていると、なんとこのADV160は、キーが無くてもON/OFFのスイッチでエンジンがかかる「スマートキー」というシステムらしい…。 いや、もう車やん。

キーが無くてもON/OFFのスイッチでエンジンがかかる「スマートキー」を採用
キーが無くてもON/OFFのスイッチでエンジンがかかる「スマートキー」を採用

 そんなバイクには出会ったことがなかったのでビックリでした。どんどんハイテクになっていくんですねぇ…。

 コックピット左側にあるダイヤル式のイグニッションキーを回してオンにすると、デジタルメーターが起動。これまた起動する時のグラフィックがカッコいい、キレイなディスプレイで、バイクなんだけど不思議な安心感がありました。

 さて、走り出してみると、160ccには思えないパワーを感じました。ハンドルのグラつきもなく、ゆったりと安定した走り出しを感じました。スクーターって不安定なイメージだったけど、そんなことありません。

スピードを出しても、シールドがあるおかげで抵抗も少なく感じます
スピードを出しても、シールドがあるおかげで抵抗も少なく感じます

 スピードを出しても、シールドがあるおかげで抵抗も少なく感じました。横からの風ももちろん感じはしますが、しっかり踏ん張れる強さがありました! まさに体とバイクが一体になっている感じです!
 ニーグリップもしっかりできるおかげで、曲がる時も体を使ってちゃんと曲がることができました。恐怖心も特には感じません。

 ブレーキもなめらかでスムーズにしっかりかかってくれて、街中での走行には何も不満はなさそうだなと思いました。ブレーキのレバーも、私の手に遠すぎず近すぎずですごく余裕を持って走行できました。

 今回、乗らせていただいたADV160はスクーターの安心感は残しつつ、さらにバイクとしての進化を遂げた、また別のハイテク機械のようで、とてもおもしろかったです!

「おもしろかった」という感想を持てるくらいに余裕をもって走行できてたんだな、と今これを書きながら改めて思いました。

お仕事で街乗りにも、遊びにショートツーリングでも、乗り回すのにピッタリの「ADV160」でした
お仕事で街乗りにも、遊びにショートツーリングでも、乗り回すのにピッタリの「ADV160」でした

 お仕事で街乗りにも、遊びにショートツーリングでも、乗り回すのにピッタリだと思います! にしても、普段アメリカンにしか乗っていないので、どんどんハイテクになっていくバイクの世界を知ることができて、本当に嬉しかったです!

 きっと、まだまだ自分の知らないバイクのおもしろさが、たっくさんあるんだな〜と思うと楽しみです!

 これからもたくさん勉強しながら楽しく、みなさんに読んでいただけるように精進します! 今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

■HONDA ADV160

全長×全幅×全高:1,950 × 760 × 1,195 mm
軸距:1,325 mm
シート高:780 mm
車両重量:136 kg
エンジンタイプ:水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量:156 cc
内径×行程:60.0×55.5 mm
圧縮比:12.0:1
最高出力:12 kW(16 PS)/ 8,500 rpm
最大トルク:15 N・m(1.5 kgf・m)/ 6,500 rpm
燃料タンク容量:8.1 L
タイヤ:前 110/80-14M/C 53P、後 130/70-13M/C 57P
ブレーキ形式:前 油圧式ディスク(ABS)、後 油圧式ディスク
懸架方式:前 テレスコピック式、後 ユニットスイング式
フレーム形式:アンダーボーン

■メーカー希望小売価格:47万3000円(消費税10%込)