国内外で活躍するレーシングライダーの石塚健選手が、フランスにあるブガッディサーキットで行われたFIM世界耐久ロードレース選手権の公式テストに参加。そのレポートです。

初のEWCマシンにワクワク

 皆さんこんにちは、レーシングライダーの石塚健です。

 いよいよ始まる2024年シーズンのFIM 世界耐久選手権開幕戦 ル・マン24時間レースの公式テストが4月2日、3日にフランス ル・マン ブガッティサーキットで行われたので、そちらをレポートしていきたいと思います。

 以前もバイクのニュースでお伝えさせていただきましたが僕は今シーズン、FIM 世界耐久選手権に、スロバキアのMaco Racing Teamから参戦いたします。

ヤマハ「YZF-R1」とレーシングライダーの石塚健選手
ヤマハ「YZF-R1」とレーシングライダーの石塚健選手

 今回のテストが今シーズンの初テストなので、チームメンバーや共に戦うライダーとも初顔合わせ。チーム代表のマルティン監督は英語がペラペラで、むしろ聞き取るのが少し難しい程に流暢。合流初日にチームの決まり事やバイクの説明などを、とても親切に話してくれました。

 チームメイトの3人とも最初から意気投合でき、馴染むのにそう時間はかからなかった事は良かったです。

 合流した翌日より、プレ ル・マンと呼ばれる、2日間のテストがスタート。午前と午後で、合わせて6時間程の走行時間が設けられました。チームはとても和やかな雰囲気の中にも、セッション前になれば各々がしっかりと切り替えて集中し、そして走行後も監督が軸になり、まずは全員揃ってのミーティングが行われます。

 これまで自分が経験してきたチームの中でも、良い意味でなんかちょっと空気感が違うぞと、感じる事ができました。
 
 やはりチームの実績とキャリアから見ても、その辺りが物語っていて、雰囲気も含めてこれは期待ができるかもと感じる事ができたのは、かなりポジティブな要素です。

ヤマハ「YZF-R1」でル・マン ブガッティサーキットを走行する石塚健選手
ヤマハ「YZF-R1」でル・マン ブガッティサーキットを走行する石塚健選手

 今回テストが行われたのは開幕戦の地である、ル・マン ブガッティサーキット。

 昨年の経験があるため、サーキットのレイアウトやライン取りは把握済みで、主なテスト項目としては、やはり初めて乗る事になるEWCクラス仕様のヤマハ「YZF-R1」を理解し、素早く順応することです。

 朝から雨がぱらつきコースはフルウエット状態。エンジンの慣らしも兼ねての走行だった為、回転数の縛りがある中のスタートでしたが、いよいよ走行がスタートします。

 初めての、レーシングスピードでの走行となったR1の印象は、とてもスムーズ!そして軽くて速い!

 序盤からわりと自分の思ったようにライディングする事ができ、これまで1000ccはストックバイクにしか乗ったことがなかった僕からすると、まるで別物のバイクと言った感じでした。

 何と言っても、乗りやすい!

 R1の持つエンジン特性は過去に乗ってきたバイクと比べてもスムーズさ、扱いやすさはひとつ頭が抜けているなと言うのが正直な感想で、これまで想像で思い描いていた感覚が、現実となりました。

 そんな訳で、初乗りは好印象でしたが、初日の走行はエンジントラブルや配線類のトラブルが起こり、僕個人としては10周程で終了となってしまいました。

FIM 世界耐久選手権の公式テストに参加中の石塚健選手とピット内の様子
FIM 世界耐久選手権の公式テストに参加中の石塚健選手とピット内の様子

 迎えたテスト2日目。この日も朝からウエットコンディション。

 気温も低かったため、リスク避けてコースインのタイミングを待っていたところ、第4ライダーが走行することになりコースイン。するとまさかの1周目の最終コーナーで転倒。修復に時間がかかり、午前の走行は確認のみとなってしまいました。

 そして午後からは天候も回復し、一気にハーフウエットからドライコンディションに変わっていきます。完全なドライでの走行は僅か10周程しか走れませんでしたが、ようやくドライで走行でき、R1に対しての理解をさらに深める事に注力。

 ブレーキングからターンイン、旋回から立ち上がりなど、一連の流れの全ての面でクイックさを感じ、逆にそれらを上手く繋ぎ合わせるための技術も、これまで以上に必要だなという印象。

 そして、ストックバイクに比べても、ライダー自身がアグレッシブに操っていける、自由度の高いバイクだと実感する事ができました。

FIM 世界耐久選手権の公式テストに参加中の石塚健選手とピット内の様子
FIM 世界耐久選手権の公式テストに参加中の石塚健選手とピット内の様子

 2日間のテストを通して、天候の問題やトラブル、転倒もあり満足に走行することはできませんでしたが、総じて良いテストになったと思います。

 まだまだバイクのポテンシャルを引き出すという面でもそうですし、肩の手術をした影響もあり半年ぶりとなったレーシングスピードに対しても、自分自身の感覚も合わせていかなければなりません。

 ですが、バイクの持つポテンシャルやチーム力を感じられた点が、なによりも収穫。

 タイムアタックやロングランはレースウィークに持ち越しとなってしまった為、まだまだ改善点やつめ所は満載ですが、今は正直とても楽しみなのと期待感でいっぱい。書いている今も、早く走りたくて仕方ないという気持ち!笑

 ということで、2024 FIM 世界耐久ロードレース選手権の開幕戦 ル・マン24時間レースは、4月18日から公式スケジュールが始まり、4月20日に決勝レースがスタートします。

 新しいカラーリングのバイクや装備を身にまとい、いよいよ2024年シーズンが始動。テレビ放送や配信等の詳しい情報は現時点では未定ですが、僕のSNSで、できる限り発信をしていこうと思っているので、チェックしてもらえると嬉しいです!

 EWCクラスでの表彰台を目指して、長丁場のレースをチームと共に頑張りたいと思うので、応援、宜しくお願いします。

 それでは!