バイク業界のよりよい未来を考え、新しい価値を調査し、分析した内容を広く社会に発信することを目的に活動を行うバイク未来総研は、リセール・プライスの高いバイク上位10車種を発表しました。

新車で買える唯一の400ccクルーザー

 バイク業界のよりよい未来を考え、新しい価値を調査し、分析した内容を広く社会に発信することを目的に活動を行うバイク未来総研は、リセール・プライスの高いバイク上位10車種を発表しました。

第48回目「リセール・プライス」ランキング1位のカワサキ「エリミネーター」
第48回目「リセール・プライス」ランキング1位のカワサキ「エリミネーター」

 2023年12月〜2024年2月の期間を対象に2024年4月現在、新車で購入が可能なバイクを対象として行われた同調査は、オークションで売却した際の落札金額の平均値と新車販売価格を基に「リセール・プライス」をポイント化したもので、ポイント数が高いほど、リセール・プライスが高いと想定したものです(Bike Life Labが独自に集計したものであり、バイクユーザーが新車あるいは中古バイクを購入する際の参考情報として活用されることを目的としたもの)。

第48回目「リセール・プライス」ランキング
第48回目「リセール・プライス」ランキング

 48回目となる今回の調査では2023年に復活を遂げ、2024年4月現在、唯一新車購入が可能な400ccアメリカンクルーザーモデルカワサキ「エリミネーター」(93.2Pt)が初の首位獲得。

 2位に前回首位のホンダ「ゴールドウイング・ツアー」(92.8Pt)、3位にホンダ「X-ADV」(92.5Pt)が僅差でランクイン、ついでカワサキ「Ninja ZX-4RR」(89.8Pt)、「エリミネーターSE」(87.1Pt)が続いています。

バイク未来総研所長 宮城光さん
バイク未来総研所長 宮城光さん

 今回の結果について、バイク未来総研所長 宮城光さんは次のようにコメントしています。

■バイク未来総研所長 宮城光さん

「お客様のバイクニーズが良く反映された結果なのでしょう。
 エリミネーターは、アメリカンスタイルのバイクというよりも、扱いやすく日々の生活で寄り添ってくれるようなパートナーの様なバイク。それでいて、ここぞと言うタイミングでは大切な時間もしっかりと共有してくれる信頼関係。ここ数年のレブル人気などは、若い世代も含めで個性的にバイクと過ごしているように感じます。そんな中で、普通二輪免許最大排気量でありながら、車両重量や足つき性のアドバンテージは、ユーザーへの負担も少なくバイクと人との信頼関係も上手く作れるポイントが多くありますね。SSモデルの様な絶対性能有りきでは無い事実、それらがいよいよ具現化していると改めて感じさせられます。

 2位のゴールドウイングは対照的に圧倒的な存在感と最高品質を売りにしています。

 つまり、ユーザーは、扱いやすいのか? 品質に満足なのか? もしくは、存在感なのか? 何か明確に見える物が必要なのかもしれません。もちろん、そこにはSSモデルでの絶対性能も評価ポイントかもしれませんが、ユーザーはその場合「世界一」を求めるかもしれません。

 各社の持つブランディングイメージと、セールスプランのバランス、そこにユーザーが求める物を見極める必要が有るのでしょう。