トクホ(特定保健用食品)の不祥事が目立つ。それも、大手食品メーカーの関連会社などでの不祥事だ。

 そもそも、トクホは同様の商品と比較した場合に価格が高く、販売方法がインターネットやケーブルテレビの通販だったりするケースも多い。加えて、その効能自体に胡散臭さが漂う上に詐欺まがいの商品も多いことから、自ずと大手食品メーカーなど名の通った企業の関連会社の商品を選択することになる。

 しかし、そうした企業で不祥事が発生している。特に、今回取り上げる2社の例は、「これほどの有名企業で、なぜそのようなことが起こってしまうのか」との疑問を持たざるを得ないものだ。

●ライオン

 ライオンは3月1日、同社が通信販売を行っている特定保健用食品「トマト酢生活 トマト酢飲料」の新聞広告における一部の表示が消費者を著しく誤認させるとして、健康増進法(誇大表示禁止)違反で再発防止などの勧告を受けたと発表した。同法に基づきトクホの広告が勧告を受けるのは初めてのこと。

 ライオン側は問題となった広告について、2015年9月15日から11月27日までの間に日刊紙に掲載した広告表示で「『トマト酢生活』は、消費者庁許可の特定保健用食品です」「薬に頼らずに、食生活で血圧の対策をしたい」などと記載していた、としている。本商品に血圧を下げる効果があると表示することについて、消費者庁長官から許可を受けているかのように示し、薬物治療によることなく本商品を摂取するだけで高血圧を改善する効果を得られるかのように表示し、一般消費者の誤認を引き起こす広告表示であったとしている。

 実際に全国紙と地方紙計14紙に掲載された広告には、「臨床試験で実証済み!これだけ違う、驚きの『血圧低下作用』」などと宣伝していた。ライオンは健康増進法(誇大表示禁止)違反で勧告を受けたことを発表したリリースで、問題となった広告例として、「『トマト酢生活』は、消費者庁許可の特定保健用食品です」「薬に頼らずに、食生活で血圧の対策をしたい」を挙げている。その一方、「臨床試験で実証済み!これだけ違う、驚きの『血圧低下作用』」には触れていない。誇大表示らしくない広告文を取り上げ、誇大表示的な広告を隠すという姑息な手段を使っている。これでは、本当に反省しているのだろうかという疑念を抱いてしまう。

 トクホは健康維持の効能表示が国から認められた食品で、表示については厳格に決められている。ちなみに、同商品に許された表示範囲は、「食酢の主成分である酢酸を含んでおり、血圧が高めの方に適した食品」だった。

●サントリーHD

 また、サントリーホールディングス(HD)子会社であるサントリーウエルネス(東京都港区)は3月7日、ホームページ上で「過去にテレビ放映した弊社通販番組の『お客様の声を紹介するコーナー』でインタビューを受けていたお客様のなかに反社会的勢力と見なされる人物が含まれていたことが判明いたしました」と発表した。

 サントリーHDによると、その通販番組とは、サントリーウエルネスが発売するゴマ成分のサプリメント(栄養補助食品)「セサミン」を紹介したもの。この番組内の「お客様の声を紹介するコーナー」で登場した長期利用者のなかに、反社会的勢力の関係者がひとり含まれていたという。

 この話にも辻褄の合わないところがある。サントリーHDによると、反社会的勢力の関係者がインタビューを受けていたことが発覚したのは昨年。視聴者からの情報提供で発覚したという。その後、警察に照会を行い、反社会的勢力の関係者であることを確認した。

 しかし、この番組は3年以上前に放映を終了しているのだ。ということは、この情報提供者は3年前のことをわざわざ連絡したのだろうか。それとも、放送当時から反社会的勢力の関係者がインタビューを受けているのをわかっていて、サントリーはこれまで沈黙していたのだろうか。

 サントリーHDは、「ウエブ上で公表している内容、すでに報道されている内容以外はノーコメント」としており、真相は闇の中だ。
(文=鷲尾香一/ジャーナリスト)