夏の大規模野外ロックフェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」(企画制作ロッキング・オン・ジャパン、通称ロッキン)が、千葉市蘇我スポーツ公園に移転して開催される運びとなった。2000〜19年までの計20回、茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園で開催されていたが、新型コロナウイルス感染症の影響で20〜21年は中止となっていた。

茨城開催は公園の構造上困難

 ロッキング・オン・ジャパン代表取締役の渋谷陽一氏がロッキン公式サイトで5日、『2022年から、ロック・イン・ジャパンは千葉市蘇我スポーツ公園で開催します』と題する声明を発表した。

 渋谷氏は「昨年の夏、収容人数を例年の半分以下にし、出来る限りの感染対策も講じたロック・イン・ジャパンを中止にせざるを得なかったことは、とても残念であり、私たちにとって大きなダメージでした」と述べ、年末フェス1回、春フェス1回、夏フェス2回の開催中止を決断せざるを得なかった経緯を説明した。

 そのうえで「何とか開催できた昨年のジャパン・ジャムも赤字覚悟の興行でした。正直言って、経営的にもギリギリのところに私たちは立っています。もう中止や赤字覚悟のフェス開催は困難です」と同社の厳しい経営状況に言及した。

 茨城からの移転に関しては「とても悩みました。何とかひたちなかでの開催を続けられないか、そのための方法を模索し可能性を探しました。しかし私たちは解決法を見つけられませんでした」と述べ、国営ひたち海浜公園が構造上の問題から、万全な感染症対策が難しいとの考えを示した。

 一方で、移転先の千葉市蘇我スポーツ公園については「参加者は移動をせずにふたつのステージを観ることが可能で、ステージエリアの移動も広い導線を数百メートル歩くだけです。これなら密を回避して野外フェスを開催できる、そう判断してロック・イン・ジャパンの開催地変更を決しました」と説明した。

茨城県医師会の中止要請が影響との声も

 一方、SNSや匿名掲示板上などでは千葉移転に関し、「昨年夏のロッキン中止に絡む茨城県医師会や同県の対応が影響したのではないか」との声も散見される。

 昨年のロッキンは8月7〜9日、14・15日の5日間の日程で、感染防止対策のためにステージ数を例年の7から1、参加者を半数以下に削減して開催される予定だった。しかし、開催直前の7月上旬、茨城県医師会が「フェスによって新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される」などという趣旨の中止要請を、主催企業のひとつである地元FM局茨城放送に送ったのだ。地元局である茨城放送はこの要請を重く見て、ロッキンは中止されることになった。

 その際、渋谷氏は「その解釈は余りに多様で基準が曖昧」などとコメントするなど物議を醸し、出演予定だった有名ミュージシャンからも疑問の声が上がった。

 大手レーベル関係者は「確かに昨年のロッキン中止が、渋谷さんが会場として『ひたち海浜公園がコロナ禍のフェス会場として適しているかどうかを見直すきっかけ』になったのは間違いないとは思いますが、茨城県医師会の要請に対してどうのこうのというのは……。医療従事者がコロナ禍で大変な状況にあることは間違いなく、それはどうあっても優先されるのではないでしょうか」と語る。

医師らによる”ワイン会”でクラスター発生

 一方、東京都内のイベント運営会社幹部は「タイミング的に社内で会場移転を決めた後だったでしょうが、昨年末に発覚した茨城県内の医師らによる“ワイン会”でのクラスターの発生は、ロッキンファンを始め、イベンター関係者の怒りを買ったと思います。私も正直、ロッキン中止を思い出し、フェアではないと思いました」と話す。

“ワイン会でのクラスター発生”とは何か。昨年12月16日、NHKや毎日新聞などがスクープしたニュースで、茨城県が11月下旬にクラスター認定したつくば市内の会食に、医師が10人程度参加していたことがわかったというものだ。このクラスターの影響で、県内7病院が一時休診などの対応を取ることになったのだという。

 県の発表によると、会食は11月中旬に開かれ、37人が参加。つくば、土浦、石岡、取手、牛久、美浦の6市村に住む30〜60代の男女17人の感染が確認されたという。さらに感染者の職業を「会社員」「自営業」などと公表。このうち2人を「医療従事者」としていたのだが、会食の詳細を明らかにしていなかった。

 しかし、NHK NEWS WEBの記事『新型コロナ17人集団感染は医師開催のホームパーティーで 茨城』でこの会食が「県内にある診療所の院長を務める医師が自宅で開いたホームパーティーだった」ことが明らかになった。会食は「ワイン会」と称されていたのだという。

 前出のイベント運営会社幹部は語る。

「この件をもって、茨城県内のすべての医師が”けしからん”ということではありません。ただ、木を見て森を見る人が多いことを忘れないでいただきたいですね。そもそも医師会は『危ないものはとにかく中止』という姿勢ではなく、どうすれば開催できるのかを助言したり、アドバイスしたりするというようなスタンスは取れなかったのでしょうか。

 医師会の件だけではなく、移転に関しては千葉、茨城両自治体の対応の差もあったのではないかと思います。渋谷さんが言及している通り公園の構造もあると思いますが、いろいろな意味で、千葉が勝ったということでしょう。ロッキンの経済効果の恩恵を受けていた茨城県内の飲食、宿泊業者はみんな今回の移転に頭を抱えていると思いますよ」

 明暗は茨城と千葉、両地方紙が6日に公開したニュースでもくっきり分かれた。茨城新聞クロスアイは記事『ロックフェス千葉移転 「戻ってきて」「残念」 市民やファン落胆』で困惑する地元の模様を伝え、千葉日報オンラインは記事『サマソニ、CDJ…千葉が「フェス大国」に 県内音楽ファン歓喜 ロッキン移転で』で喜びに沸く千葉の姿を報じた。

 オミクロン株の感染拡大など、今なお不安要素は尽きないが果たして、今年のロッキンはどうなるのか。公式サイトによると、今年は8月第1週、第2週の開催を予定しているが、詳細は後日発表するという。

(文=編集部)