現代アート(コンテンポラリーアート)は美しい自然と相性がいい。とはいえ、金儲けと相性がいいとは思えない。北アルプス国際芸術祭をみてきて改めて感じた。

 越後妻有や瀬戸内の芸術祭を立ち上げたアートディレクターの北川フラム氏が今年、長野県でディレクションしたのが北アルプス国際芸術祭(大町市、7月30日まで)だ。
 
 越後妻有、瀬戸内、北アルプスと、どこの芸術祭も豊かで美しい自然がある。世界でもっとも美しい美術館といわれるデンマークのルイジアナ現代美術館でも、青い海を背景にしたヘンリー・ムーアの彫刻は感動的だった。なかでも、北アルプスの自然の美しさは別格であったので、なおさら現代アートと美しい自然は相性がいいとしみじみ感じる。

 そもそも現代アートは、その基本コンセプトからして自然と相性がいい。印象派以後のモダンアートへの反発から、現代アート(コンテンポラリーアート)は生まれた。

 その反発のひとつが、モダンアートが置かれる美術館の白い壁で囲まれた四角い部屋=ホワイトキューブから脱出することだった。人工的で中立的な空間で鑑賞するのではなく、野外(ランドアート)や街の中でアートを追及していく。

 その行きつく先のひとつが、豊かな多様性と美しさをもった地方の自然の中に、その自然に適合し、あるいは対峙するアートをたくさん展示する芸術祭である。鑑賞者は便利に行けて人も多い美術館ではなく、かなりの時間と費用を払って、普段はあまり人が来ない地方にわざわざ行って鑑賞する。だから、短期間に1カ所に多くの作品を集めるという芸術祭の方法が合う。

●現代アートの村上春樹化

 最近の芸術祭には、ファインアート(純粋芸術)の愛好家ではなくて、子供も含めアートの歴史も背景も知らない一般の人がたくさん集まって来て、「おもしろい」と言って満足してみていく。子供が作品に触れ、周囲を走り回って遊ぶのを想定した作品すらある。

 従来のファインアートは、現代アートも含め、美術界のコンテキスト(文脈)を重視してきた。芸術家の村上隆が『芸術起業論』(幻冬舎)で述べているように、作家がファインアートで成功するには、美術史を知悉し自らの作品を美術界のコンテキストの中でどう位置付けるかで勝負が決まる。つまり、美術業界内の人同士が、業界の経緯を踏まえて評価し、評価されてきた。モダンアートの破壊者であり現代アートの創始者ともいえるマルセル・デュシャンですらも同じ範疇にはいる。美術史のコンテキストの中でみればこそ、便器を泉と称して美術展で展示することに貴重な価値が見いだし得た。

 これに対して、最近の地方の芸術祭では、アートの歴史を知らなくても、純粋に「おもしろい」「不思議だ」「感動する」と言える作品がたくさんある。背景の自然をうまく使ったり、その土地に伝わる伝説や歴史に関係づけたり、地元の素朴な人の積極的な参加などが前面に出て強調されている。その作品が、アートの歴史のなかでどう位置づけられるかは、後方に控えてしまう。強いていえばそういう普通の人にも感動を与えるということにこそ、閉鎖したヒエラルヒーになってしまった現代アート業界へのアンチテーゼ(反対・対照の命題)としての主張が隠されている。

 ところで、小説家・村上春樹もデビュー当初から「純文学といえるのか」という批判を常に受けてきた。しかし、村上の偉大さは、純文学業界での評価を無視し、「文壇」に反発するかのように、純文学を読まない人にも読みやすい平易な言葉で、巧みな比喩とストーリーでひきつけながら、純粋な芸術的感動を与えられることにある。そういう意味で、現代の芸術祭はますます“村上春樹化”しているのではないだろうか。素晴らしいことだ。

●金儲けとの相性は、よくない

 越後妻有、瀬戸内の芸術祭を成功させた北川氏は、今年は北アルプス、奥能登の2つの芸術祭のディレクションを行い、今や超売れっ子だ。「芸術祭成金」との心ない批判もあるようだが、これはビジネスを知らない子供じみた批判だろう。10年以上、実ビジネスの経験のある人がこれらの芸術祭を半日もみれば、とても金儲けのためにやる仕事ではないとわかる。関係者の誰かが長期間お金儲けできるようなオペレーションではなく、すべての関係者が現代アートや地方の活性化への思いを持っていなければ、とてもやりきれない。

 北川氏は、北アルプスの芸術祭にこれまでの芸術祭の成功で培ってきたアーティストやスポンサーとの関係という無形の資産を、出血大サービスで大量投入してようやく実現に持ち込んでいる。都会の画廊で、お金持ちに美術品を売っているほうが、ビジネスとしてはよほど効率的だろう。

 村上隆は『芸術起業論』のなかで、「芸術家が作品を売って生計を立てる。これは通常のビジネスです」「金銭を儲けるに足る物語がなければ、芸術作品は売れません」と、あっけらからんと明言する。そして、「スーパーフラット」というコンセプトで、世界の美術業界で名をなした。その名声を使って、村上隆の作品は、いまや印象派の絵などよりもよく売れる。ある画廊によると、ITベンチャーで成功した社長が、オタク文化のアニメキャラの村上隆作品を驚くほどの高額で買っていくという。ビジネスとしてみれば、村上隆のモデルのほうが、芸術祭よりよほど金儲けにうまくつながっている。

 芸術祭は、関係者全員が、義理、矜持、酔狂を持っていなければ実現することはできない。

●興味深い作品

 北アルプス芸術祭で個人的に興味をもった作品を3つだけ紹介する。

・信濃大町実景舎(作:目【め】)

 廃寺を改造した、ゆるやかな傾斜がついた白い空間を滑りそうになったり、かがんだり、はいつくばったりして進んでいくと、不思議な窓から信濃大町を一望できる。日本の現代芸術において、草間彌生が大御所、村上隆がリーダー格とすれば、新進気鋭の注目株は目【め】ではないだろうか。若手女性アーティスト荒神明香の奇妙奇天烈な妄想を、手練れの男性アーティスト2人が現実化していく。代表作「おじさんの顔が空に浮かぶ日」(宇都宮美術館プロジェクト)は、本当にたまげる。巨大なおじさんの顔が空に浮かんでいると、びっくりするだろうなあという荒神の妄想を実現した。

 越後妻有や瀬戸内の芸術祭では、公募により地元の作家に門戸を開いているものの、アートとしての質は妥協しない方針をとり、地元だからといって優遇はしていない。結果として、ほとんど地元の作家の出展はない。ところが、北アルプス芸術祭では、地元作家として知る人ぞ知る布施知子、公募に合格した青島左門が、実質国内メジャーデビューで出展し高評価を得ている。これをきっかけに、越後妻有、瀬戸内の芸術祭にも出展してブレイクすることが期待される。

・花咲く星に(作:青島左門)
 
 美しい夜空、生花、LEDが組み合わさって幻想的な風景が現出する。作品の良い評判が広がり、地元でブームとなっている。私が行った20時くらいには、地元の方がたくさん子供連れで来ていて、駐車場も満杯だった。時折、ワイヤーで設置された星が揺れるが、それは闇にまぎれて作者が揺らしているとのこと。手づくり感満載だ。

・無限折りによる枯山水 鷹狩(作:布施知子)

 海外ではたくさんの本を出しており有名だが、国内ではあまり知られていない、大町に住む折り紙作家。ダイナミックな折り紙に、ただただ驚く。

 番外であるが、日本酒のおいしい酒屋を見つけた。

・横川商店

 地元のおいしい地酒を買いたくて、芸術作品を見る合間にも目を光らせていたが、なかなかみつからなかった。東京への帰り際の最後に、信濃大町駅前の商店街で、駅から徒歩10分のところに、素晴らしい酒屋さんをみつけた。試飲させていただいたお酒の解説がとてもわかりやすく、飲んだ実感にぴったり合致している。地元の地酒を買い、紙コップもつけていただき、帰りのバスの中でちょくっと飲んで、中央高速の渋滞をいい気分で寝て過ごした。これもまた喜ばしからずや。
(文=小林敬幸/『ビジネスの先が読めない時代に 自分の頭で判断する技術』著者)