パナソニックの食器洗い乾燥機(食洗機)の売上が累計で1000万台に達したそうだ。それはそれでいいことなのだが、この数字、パナソニックの洗濯機や冷蔵庫の売上と比べて小さいと思われないだろうか?

 実は日本で食洗機が売れないのは、50年来の家電業界の七不思議だ。高度成長期に掃除機、洗濯機と家事を助ける家電が普及して、当然その次は食洗機という話になるはずだったのだが、日本ではなぜかこの当然が当然にはならなかった。

 しかし欧米の状況は日本とは全然違う。食洗機はほとんどの家庭に普及していて、たとえばアメリカの普及率は90%以上。なのに日本では最新の調査でも28%程度しか普及していない。

 私は30年前ぐらいから研修の講師として「日本市場で食器洗い乾燥機を売る方法を考えよう」という課題をたびたび行っている。その研修を始めた当初、30年前の普及率はわずか4%だった。この謎を解くのはビジネス思考のいいトレーニングにもなるということで、一緒に考えてみることにしよう。

●どう生活が変わる?

 そもそも、この記事を読んでいらっしゃる読者のみなさんの4人のうち3人は食洗機のない生活をされているはずだから、食洗機を購入するとどう生活が変わるのかという話から説明しよう。

 我が家に食器洗い乾燥機が導入されたのは研修を始めた30年前。きっかけは、結婚当初に家事の分担を決めた際に「食器洗いは夫の担当」と決めたことだった。新婚時代はせっせと皿洗いに励んでいた私も、1年が過ぎた頃からさぼることを考え始めた。そこでボーナスで6万円ぐらいの食洗機を購入したのだ。

 購入してみると、とにかく便利だ。食事が終わって食器と洗剤をセットしてボタンを押すと、後は自動で洗ってくれる。自分で皿を洗うのと違って水は繰り返し使うために水道代はむしろかなり減る。そして高温のお湯で洗うため殺菌の面でも仕上げは完璧だ。

 そして思わぬ副次効果があったのは、食後に会話の時間が生まれることだ。皿洗いをしていると自分がキッチン、家内がリビングと離れてしまい、そこで会話がとぎれてしまうのだが、食洗機が皿洗いをしてくれるようになると、すぐにリビングに戻ってコーヒーを飲みながら会話を続けることができる。

 ちなみに皿洗いの担当が私になった理由は、妻が水アレルギーで水によって極度の肌荒れが起きるためだった。だから同様の症状にお悩みのご家庭では、食洗機の導入でその悩みも消えるだろう。

 まとめてみると、導入することで時間は節約できる。水道代も同様に節約できる。洗剤もそれほどお金がかかるわけではない。いいことずくめなのに、なぜか導入が進まないのがこの食洗機の不思議なのである。

●普及が進まない理由

 では次に、普及が進まない理由を上げていこう。昔多かった理由は「汚れが落ちない」というものだった。1970年代など特にそうだったらしいのだが、アメリカから食洗機を輸入して設置すると、ごはんの汚れが落ちないとよくいわれた。皿や茶碗にお米がこびりついたまま乾燥されて、逆に不潔に感じるというものがあった。

 しかし今は違う。今どころか30年前にはすでにこの不満については製品改良で解決済みで、お米の汚れもかなりひどい汚れもきれいに落ちるのだ。ただ、食べ残しをそのまま皿に乗せたまま洗うのはおすすめしない。さっと水で流してから食洗機に設置するほうが機械を長くきれいに使うことができる。これは念のために指摘しておく。

 2番目によく出てくる意見は、「設置工事が必要な家電は売りにくいのではないか?」というものだ、確かに冷蔵庫のように家に届いたらコンセントにつなぐだけでよい家電とは少々事情が違う。洗濯機のようにそもそも家のなかに設置場所がつくられていて、蛇口や配水管にそのままつなげるようにできているわけでもない。

 そもそも、新しい工事をしないと設置できないから、購入のハードルが高いのではないかという意見だ。でも、考えてみるとクーラーも同じくらい設置工事は面倒だが、90%以上の家庭に普及している。後発の家電で同様の工事が必要な温水洗浄便座だって、食洗機以上に売れている。

 実は、ここに一つヒントがある。クーラーも温水洗浄便座も消費者は購入前に一度どこか別の場所で体験したはずだ。それで便利さがわかって「いつか買いたいな」という話になる。

 ところが食洗機の場合、自分が別の場所で便利さを体験する機会はほとんどない。ママ友の家に集まったときに自分が食器洗い担当になって、そこの家にある食洗機を使うことで「便利ね!」と気づくなどという経験は意外とレアなケースであろう。

 海外旅行の際にコンドミニアムに泊まって、そこで食洗機の便利さを経験することでユーザーになるという人もいるかもしれないが、それも人数的には多くはないだろう(ちなみに私はこのルートでユーザーになった)。

●普及の妨げ要因、その最有力候補

 さて普及が進まない3番目の理由として「日本人らしい仏教の教えや、道徳観の問題があるのではないのか?」という有力な意見も研修では出た。自分が出した汚れものは、自分の手で洗うべきだという考えが強いため、そこをさぼると何か悪いことをしているように日本人が感じてしまうという話である。

 最近、この説に対する有力な反論が発見された。実は日本全体では食洗機の普及率は28%といったが、地域差がある。そして日本で一番食洗機が多く普及している都道府県は、仏教文化のお膝元である奈良県で、その普及率は50%を超えるのだ。だから仏教道徳説はそれほど正しいとはいえないだろう。

 実は食洗機には、使ってみないとわからないことが多い。普及が進まない理由の4番目に、「日本のキッチンは狭いので設置する場所がない」という理由がある。普及の妨げ要因としては一番有力である。

 ただ、誤解もある。設置場所がないように思えるキッチンでも、食洗機を設置してしまえば支障なく家事を行えるものだ。

 私が最初に食洗機を購入した際には、置く場所がなくてシンクの一部に食洗機が飛び出したかたちで設置された。大きめの食洗機を購入したからだ。

 それまでシンクの半分は、汚れた皿の仮置き場だった。そして食洗機を設置した場所には、洗った食器を置く水切りかごが置かれていた。それらの場所が食洗機に変わっただけで、食洗機が置かれたことでキッチンが狭くなったために家事が滞るということは実は起きなかった。

 ただ、そのような体験を語る知人がいなければ、「うちのキッチンは狭いから食洗機を設置すると料理をする場所がなくなってしまう」みたいな考えで購入に踏み切れない人は、結構多いようである。

 ちなみに食洗機の最大のデメリットを紹介しておくと、意外と音がうるさいことだ。だから本当は一番いいのは深夜にまとめて洗うことである。ところがキッチンの狭さを理由に小さい食洗機を購入すると、あまり量がはいらないために一日3回稼働させなくてはならなくなり、いつもうるさい状況になってしまう。小さい食洗機を購入した人は、それで懲りて食洗機をやめてしまうケースもあるらしい。

 さて、このように整理をしていくと、食洗機が日本でだけはなかなか普及しない理由が見えてくるのだが、個々に考えればそれぞれ対策のある話ばかりである。

 それなのになぜ食洗機業界が50年間、この問題を乗り越えられないのか? そのことこそが、私にとっては一番謎なのである。
(文=鈴木貴博/百年コンサルティング代表取締役)