この8年間で1000人を超える従業員が退職――。

 長崎県佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」に関する「週刊文春」(文藝春秋/12月20日号)のこの報道について、筆者がハウステンボス労働組合に聞いたところ、事実であることが確かめられた。
 
 2010年に旅行代理店エイチ・アイ・エスに経営譲渡されて、経営破綻からV字回復を果たしたことで知られるハウステンボスだが、入場者数は16年度以降は3年連続で前年度比マイナスとなっている。ハウステンボスに未来はあるのか。航空・旅行アナリストの鳥海高太朗氏から聞いた。

●薄いワクワク感

「ハウステンボスの1300万球を使ったイルミネーションの美しさは、日本一と言えるでしょう。ただそれを見たあとが困っちゃうんです。東京ディズニーリゾートやユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)だったら、東京や大阪の街に近いですから、どこかに出て行けばいい。ハウステンボスに行った時に、どうしても博多で食事したかったんです。イルミネーションは17時くらいから見られますけど、博多に出るには18時くらいに電車に乗って2時間くらいかかる。

 泊まる場合は、ハウステンボスのなかで食べるしかないですけど、地元のフードを入れているのはいいですけど、けっこう高いんですね。1人で5000円から1万円は平気でいってしまう。食事は安くすませたいという若い人なんかには、負担じゃないですか。ディズニーRやUSJだったら、コンビニエンスストアもあるし、高いお金を払って美味しいものを食べたいという場合の店もいっぱいある。ハウステンボスの場合は選択肢がない。

 ホテルにもそれはいえます。ロボットが働く『変なホテル』は比較的ローコストですけど、ビジネスホテルほどではないですから。3年前に取材した時には、九州から来ている客が5割とのことでした。車で来る日帰り客にはいいのかもしれませんが、遠方からの客はなかなかリピーターにはならないんじゃないでしょうか。オランダの街をイメージしているというのはあるにしても、ディズニーRやUSJのようなワクワク感はないのかなという感じもします」

 博多や長崎から遠いという、ハウステンボスにはどうにもできない立地の悪さがある。逆に考えれば、いかにしてV字回復はなされたのか。

「エイチ・アイ・エスの澤田秀雄社長がハウステンボスの社長に就任した時に掲げたのが、脱オランダだったんですね。その象徴的な試みが、イルミネーションです。相模湖のイルミリオンや東京ドイツ村のイルミネーションも素晴らしいですけど、それらと比べてもスケール感がまるで違う。アクセスが悪いわけですけど、それでも行きたいと思わせる、日本一のレベルです。

 ハウステンボス内の劇場『ミューズホール』で公演している『歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス』も、さすが宝塚歌劇団やOSK日本歌劇団の出身者で結成されただけあって、きちんと組織されていてクオリティは高いです。ファンになった客は、何度もハウステンボスを訪れるでしょう。いろいろ批判はあるけど、あれだけ条件の悪いなかで再生させたことは高く評価できます。澤田社長は自分で乗り込んでいって、年の半分は向こうにいる生活で、本気でやってきたんだと思います」

●これから伸びていく要素も

 なぜ8年間で1000人超もの退職者が出たのだろうか。

「社員の意向を汲むというよりは、ダイナミックに経営者としてグイグイ引っ張ってきた。ある意味、強引にやってきたから、これだけできたといえますが、それについていけない従業員もいたのではないでしょうか。それに、客と同じで、あそこで働くということは周りに何もないということですから、家に帰れる地元の人はいいけど、寮住まいで働くというような場合、仕事後の気晴らしはどうするのかと考えたら、博多や長崎で働くより厳しいものがありますよね」

 ハウステンボスの今度の展望はどうなのだろうか。

「アウトレットをつくるという計画が発表されて、それもアジア最強のものをつくるというので楽しみにしているのですが、その後、進展が見えてきません。アウトレットができれば、もっと集客はできるのではないでしょうか。インバウンドをどれだけ取り込めるかという点でも、そこは重要ですね。

 ハウステンボスの客のうち、外国人比率は7%くらいです。国連世界観光機関(UNWTO)の2017年の統計だと、約2870万人が日本を訪れているんです。そうした世の中の流れからすると、外国人をほとんど取り込めてないんですよ。理由は何かといえば、外国人からすれば長崎でオランダを体験する必要はないわけです。それよりは長崎で教会とか港町を見たほうが、よっぽど日本に来たという実感が湧くでしょう。

 ただ、アジア最強のアウトレットができれば、流れも変わってきます。澤田社長はカジノの構想も打ち出しています。大村湾に海上・海中カジノをつくるというもので、これができれば世界初となります。ロボットが働く『変なホテル』が話題になっていますけど、カジノもロボットがディーラーのサポート役を務めるということを考えているようです。ギャンブル依存症への対策は必要ですけど、カジノができればインバウンドはかなり取り込めるでしょう。

 ハウステンボスは、中国の投資企業、復星集団から最大25%程度の出資を受け入れると発表していますが、そうなれば中国人観光客も増えるでしょう。ハウステンボスはホテルの部屋数も多いわけだし、積極的に中国人を入れていったほうがいいでしょうね。そうやって見ていくと、ハウステンボスはまだまだこれから伸びていく要素はありますね。今しばらくは、耐える時期なのかもしれません」

 パワハラをくり返す女性顧問が“女帝”と恐れられていると「週刊文春」では報じられているが、ハウステンボスに明るい未来は開けているのだろうか。
(文=深笛義也/ライター)