値上げラッシュで財布のヒモも固くなるが、年末に近づくにつれ、なにかと出費も増え始めるこの時期。それを狙ったのか、PayPayは10月17日から12月28日まで約2カ月間の特大イベント「超PayPay祭」を開催中だ。今回は、このキャンペーン中のお得情報や賢い立ち回り術を紹介していこう。

PayPayジャンボは最大3回引ける

「超PayPay祭」の目玉企画は、決済後の抽選で支払額の100%、5%、0.5%が戻ってくるという「超ペイペイジャンボ」だ。これまでもペイペイジャンボは行われてきたが、今回は「超」がついてるだけあり、なんと抽選回数を3回まで増やすことができる。

 まず通常の決済で1回の抽選権利を得られる。さらに抽選回数を増やすには「PayPayあと払い」の登録と「本人確認」の設定が必要になる。「PayPayあと払い」とは、PayPayの決済額を翌月にまとめて支払える方法である。チャージが不要なので、クレジットカードのような感覚で使えるのが特徴だ。申し込みには運転免許証(なくても申し込み可能)、口座情報などを登録するだけで、最短5分でできる。

「本人確認」はPayPayアプリの登録を、本人で間違いないことを改めて確認すること。これは運転免許証やマイナンバーカードがあればアプリ上からでも設定が可能。本人確認を行えば、口座からのチャージや「PayPayあと払い」の支払い上限アップ、さらにAmazonでPayPayが使えるようになるなど利便性が高まる。この2ステップをこなせば買い物ごとに3回の抽選ができるようになり、当選確率もアップする。誰でもいますぐ登録できるため、この機会に行ってお得な抽選機会を増やしておこう。

 また、PayPayでは11月30日まで「友だち紹介キャンペーン」も実施中。これはPayPayユーザーが、まだPayPayを始めていない人を紹介、1000円以上の決済を行うことで特典がもらえるというもの。1人紹介するたびに紹介した人に500ポイント、紹介された人も紹介コードの登録と1000円以上の決済で500ポイントがもらえる。まさにwin-winなので、どんどん紹介すればするほどポイントがたまるのだ。

ヤフー系サービスでお得なクーポン配布中

 また、お得なクーポンを大量配布中だ。洋服の青山、JINSでは10%付与、やきとりセンター、甘太郎など飲食店は5%付与のクーポンが多い(月や週によって異なる)。さすがに全盛期と比べると物足りない還元率ではあるが、キャッシュレス決済の還元率が全般的に1〜2%で下げ止まっているなかでは、高還元なことは間違いない。

 実店舗の他にも、さとふる、マクドナルドなどのネット利用・注文で使えるクーポンも配布中なので、こまめにクーポンページをチェックし、有効に利用していきたいところだ。

 ヤフーの関連サービスに関するクーポンもお得だ。PayPayフリマでは初めて買い物をする人、「ヤフオク!」でも初めて、または久しぶり(1年以上)の落札者向けに50%オフクーポンが配布されている。さらに、ヤフープレミアム会員限定のクーポンもあるので、該当者はぜひチェックしたい。また、ヤフーショッピングでは、11月29日、30日はPayPayでの決済で10%がたまるキャンペーンを実施予定だ。この機会にヤフー系のサービスを利用してみるのもいいだろう。

 他のキャンペーンでいえば、毎日引けるくじも欠かさず行いたい。「宝箱くじ」では、CMキャラクターを務める宮川大輔の3つの顔画像から1つをタップするとPayPayポイントや人気商品、クーポンが当たるのだ。11月からも新しい賞品が発表される予定なので、見逃した人は毎日引いていこう。

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーはさらに高還元

 これらのほかにも、PayPay資産運用からPayPay証券口座を開設すると、100円相当の購入代金がプレゼントされたり、PayPayポイント運用でポイントが当たったりするキャンペーンがある。このようなPayPayの金融サービスも、今回のキャンペーンをきっかけにお得に始めてみてもいいだろう。

 以上のように主要なキャンペーンを紹介してきたが、さらにお得になるのがソフトバンク・ワイモバイルユーザーだ。現在、ユーザー向けに「PayPayポイント どんどん貯まる 2カ月間!」と題し、お得クーポンなどを配布中なのである。

 ソフトバンクユーザー限定のクーポンは、10月分ではマクドナルド半額還元、サーティーワン20%還元、かっぱ寿司10%還元などのクーポンが配布されていた。11月は、コメダ、TSUTAYA、吉野家、ローソンなどが対象となるクーポンが配布されており、還元率も10%以上になるものもある。12月も、さとふる、ダイソー、ケンタッキーフライドチキンなどが対象になる予定なので、見逃さないようにしたい。

 さらに前述した、11月末に行われるヤフーショッピングでの高還元率キャンペーンでも、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーは有利となる。その間、条件を満たせばソフトバンクユーザーは最大38%、ワイモバイルユーザーは最大33%が戻ってくるというキャンペーンがスタート。スマホのキャリアの変更を考えている人は、ここで一気にPayPay経済圏に切り替えて、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーになったほうがお得かもしれない。

 今年いっぱい(12月28日まで)超PayPay祭は開催される。今年最後のポイントのかき入れどきだと思い、お得に過ごしていきたい。

(取材・文=清談社)