春は三寒四温。あたたかくなったり、また寒さが戻ったりと、気候もなかなか落ち着かずにお肌はトラブルを起こしやすく、敏感にもなりがちです。春の新色や新しいメイクアイテムなどで、ワクワクしながら、せっかく可愛くメイクを頑張っても、基本のお肌の調子が悪いと台無しに。花粉症などもあって、季節の変わり目には、肌あれやかゆみなどの肌トラブルに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?今回は、そんな春の肌トラブルが起こってしまう理由と、トラブルを回避する方法についてです。


■春に肌荒れが起こりやすいわけ


春先は、四季の中でもっともお肌の調子が不安定になりやすい季節。三寒四温で自立神経が崩れやすくなり、気候の変化に対応するために、お肌も皮脂や汗の分泌を急に促して活発になります。自律神経にも影響を受けてしまうので、春先のお肌はとても不安定でトラブルが起こりやすいのです。

さらに年々増えている花粉症。花粉症は、花粉による刺激をアレルギーの一種として、身体やお肌が受け取り、過剰な反応をしめす状態です。お肌も花粉の影響を受け、乾燥や肌荒れが起こりやすいことが考えられます。

■影響をお肌がうけると?


お肌は、本来バリア機能という機能を持っています。バリア機能というのは、外部からの刺激が侵入するのを防ぐ機能や、お肌内部の水分を逃さないなどお肌を守る機能のこと。

お肌の表面を覆っているバリア機能が、天然のコーティングの役割を果たして、お肌全体を守ってくれています。お肌状態が良いときは、このバリア機能が正常に働いているということなのです。

そのため、バリア機能が正常なお肌ならば、花粉の侵入もある程度は防ぐことができます。ですが、季節の変わり目でお肌状態が不安定なときは、バリア機能も低下しています。

外部からの刺激をブロックする役割を果たすバリア機能が正常でなくなると、花粉のような外部からの刺激物質により、ダメージを受けやすくなってしまうのです。

バリア機能が乱れていると、水分も蒸発しやすくなるので、肌がカサカサと乾燥した状態になり、赤みが出やすくなってしまいます。

■対処法は?


そんな春の肌トラブルを防ぐための最大のポイントは、「角質層を正常に保つ」という基本的なことです。

〇お肌に対する刺激を極力少なくする
〇角質層の水分と油分のバランスを十分に保ち、バリア機能を正常に保つ

この2点を心がけた基本的なスキンケアが大切になってきます。過度なエイジングケアやスペシャルケアは少しおやすみして、基本的なお手入れをしっかりと行うことが大切です。

■基本的なスキンケア3つ


〇クレンジング
クレンジングは、日中にお肌に付着した刺激物を取るということで、とっても大切なスキンケアです。
・花粉、アレルギー物質、化学物質
・排気ガスやチリ、ホコリ
・メイクアップ顔料、汗や皮脂
1日中これらの刺激に触れているお肌の汚れを、やさしく落としてあげることが大切です。
〇洗顔
洗顔は、クレンジグとは異なり、お肌の素肌を洗うことが目的です。お肌質にもよって、洗顔のタイプも異なりますが、摩擦が少なくなるように毛穴やキメの汚れを落としてあげましょう。また、刺激の少ない体温に近いぬるま湯で洗うということも大切です。

〇保湿
洗顔の後は、お肌は乾燥しやすく無防備な状態です。バリア機能が低下しているとさらに乾燥しやすくなっています。

まず、お肌が乾燥してしまう前に、化粧水でたっぷりと水分を補給してお肌を整えましょう。化粧水を塗布する際にコットンを使用することもありますが、お肌が敏感なときは、摩擦によりダメージを与えてしまうこともあります。化粧水を手のひらで少しあたためて、お肌に満遍なく化粧水を塗布してください。

そのあとは、美容液・乳液・クリームなどで、 水分を逃がさないように潤いの膜をはり、お肌を保護し、水分と油分をしっかりと補うことで、バリア機能を正常に戻してあげましょう。普段使っているクリームなどがしみる場合は、一時的に敏感肌用に変えるのが良いでしょう。

いかがでしたか?


トラブルを起こしている肌は、過度に特別なお手入れをするよりも、日々の基本的なケアが1番大切です。バリア機能の強い肌をつくって、春のトラブルにも負けない肌づくりをしましょう。
斎藤 可奈子
美容研究家/ビューティープランナー

Photo by fotolia