コラムニスト&ライターとして活動しているharakoです♪洗顔フォームやスキンケアには、こだわりがあるのに、洗い流すお水の温度はノーマーク!という方はいらっしゃいませんか?実は、洗顔フォームを落とす際の“適切な温度”が存在します。お金をかけずに、温度調整だけで美肌をGETしちゃいましょう♪


日頃のお手入れ温度は、「冷たい?熱い?」


皆さんは、クレンジングをして洗顔フォームで顔を洗い流す作業は、どこでしていますか?朝は洗面台で行い、夜はお風呂に入るときに流してしまうという方も多いと思います。筆者自身も、夜はお風呂の中で済ませてしまう1人。

ちょっぴり熱めの温度でザーッと流すのが好きだったり、毛穴を引き締めようと冷たい水で流してみたり。季節ごとで選択肢は変わるものの、極端な温度設定でお顔を洗うのが好きなのです。

しかし、美肌を作るためには、適切な温度というのが存在しています。それが「32度〜34度」。

40度近くのお湯を、直接お顔につけてしまうのは、必要な皮脂まで洗い流してしまい乾燥の原因になるからです。ちょっとぬるいかも…!と感じる、物足りなさが◎。

毛穴を引き締めたいなら…


ぬるま湯では、毛穴が引き締まらない!冷水で、キュッとした毛穴を作りたい。そう願っているならば、汚れを落とす際にはぬるま湯で行い、お風呂上がりのスキンケア時に「収れん作用」のある化粧水を取り入れてみてください。

よく、冷やしたスプーンで小鼻をなぞるという方法や、氷で皮膚に直接当てるという方法がありますが、あまり効果的ではないと感じています。毛穴自体が一時的に収縮することはあっても、それは一瞬のこと。

毛穴の引き締めに働きかける、収れん化粧水をスキンケアに挟む方が、長期的にみて美肌作りに貢献してくれると思います。

ケアには段階がある?


忙しい毎日を送る女性が増えるにつれて、「時短ケア」が流行っていますよね。しかし、美肌作りには段階があると筆者は感じています。

<スキンケアの工程>
・汚れを落とす
・洗い流す
・毛穴を引き締める
・保湿をする

など、段階ごとに異なるお手入れは、短縮できない部分もあるのではないでしょうか。細やかな工程を大切に美肌を作ってみてくださいね♪
HARAKO
コラムニスト、ライター

Photo by fotolia